新緑

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by 牛久とりの会  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

オオタカ@牛久自然観察の森

2014/12/21(日) 9:00~11:00 牛久自然観察の森 定例探鳥会

コジュケイc、キジバト、カワウ、アオサギ、オオタカ、ノスリ、コゲラ、アカゲラ、モズ、カケスc、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒバリc、ヒヨドリ、ウグイスc、エナガ、メジロ、シロハラ、ツグミ、ジョウビタキ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、シメ、アオジ、(ドバト)
計27+1種

バッタの原のヌルデは小鳥たちのレストランになっているようだ。
メジロやジョウビタキがかわるがわるやってくる。

針葉樹の間を飛び回るのはシジュウカラ、メジロ、エナガ、コゲラの混群だ。
その中でもエナガは特に小さい上に動きが早いので、双眼鏡で姿を確認できると本当にうれしい。

森の中ではあまり鳥を観察できず、少々物足りなさを感じていたが、代わりにビートルズトレイルでうれしい出会いが!
小野川の上が騒がしいので見てみると、何とノスリが2羽!
カラスに追い立てられて去っていった。

その後静かになったフィールドでセキレイやツグミを観察していたところ、先ほどの川辺の木立に白いポリ袋のようなものが見える。
一応確認と思いスコープを覗くとくるりと顔が!
くっきりした白い眉班…オオタカだ!!!
飛んできたところは見えなかったので、おそらく先ほどの騒ぎは傍観していたのだろう。
距離は少しあったがじっくり観察することができた。

今回見られなかったカワセミ、ルリビタキ、タヒバリ、ホオジロなど、次回に期待したい。
 
スポンサーサイト
テーマ: バードウォッチング -  ジャンル: 趣味・実用
by 牛久とりの会  at 23:50 |  kyara-mama |  comment (0)  |   |  page top ↑

ミミカイツブリ@涸沼

2014/12/7(日) 9:00~15:00 自主探鳥会(涸沼周辺~大洗) 晴

コクガン、コブハクチョウ、オカヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、オナガガモ、トモエガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、シノリガモ、ホオジロガモ、ミコアイサ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ミミカイツブリ、ハジロカイツブリ、キジバト、カワウ、ウミウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、オオバン、イソシギ、ユリカモメ、ウミネコ、セグロカモメ、ミサゴ、トビ、チュウヒ、ノスリ、カワセミ、コゲラ、チョウゲンボウ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒバリ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、メジロ、ムクドリ、シロハラ、アカハラ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、タヒバリ、カワラヒワ、シメ、ホオジロ、アオジ
(ドバト、コクチョウ) 計60+2種

恒例の涸沼周辺探鳥会。
涸沼での楽しみの一つはハジロカイツブリの群を見ることである。
一斉に潜っては現れを繰り返す様子は見ていて飽きない。

カワウも集団で泳いでいる。
婚姻色が出て、顔が白銀にきらきら輝ききれいである。

岸辺近くに姿を現したのは一羽のミミカイツブリ。

IMG_8747 ミミカイツブリ

目の後ろの模様と嘴の形を見て納得する。
シルエットでハジロカイツブリとの違いがわかるそうなのだが、なかなかむずかしい。

上空をミサゴが飛ぶ。

IMG_8774 ミサゴ

白黒のコントラストが美しい。
対岸にコクチョウ、湖面に数種のカモ、サギ、岸辺にカワセミなど、いつもの種を確認してから移動する。

沖合のスズガモの群れを見ていたら、手前で黒っぽいオニギリ型の頭が見えた。
ホオジロガモである。

IMG_8812 ホオジロガモ

十数羽いるようだ。
久しぶりの出会いに喜んでいたら、スズガモの群れの中に、ミコアイサ♀とトモエガモが1羽ずついるとのこと。

IMG_8875 トモエガモ

言われてみれば確かにいるのだが、自力では絶対見つけられなかっただろう。

海に出ると、コクガン2羽が大サービスをしてくれた。

コクガン

人に構わずせっせと食事をしている。
成鳥と若とのこと、弱っている様子はなかったので安心する。

涸沼に戻り公園を廻り、混群やツグミ類を観察する。
最後農地でチュウヒとノスリに会えた。

IMG_9206 チュウヒ

IMG_9262 ノスリ

全体的に鳥の数は少なかった気がするが、合計60種と満足の探鳥会だった。
テーマ: バードウォッチング -  ジャンル: 趣味・実用
by 牛久とりの会  at 23:50 |  kyara-mama |  comment (0)  |   |  page top ↑

アカゲラ@牛久自然観察の森

2014/10/19(日) 9:00~11:00 牛久自然観察の森 定例探鳥会 晴


キジバト、トビ、オオタカ、コゲラ、アカゲラ、モズ、カケス、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイスc、エナガ、メジロ、キビタキ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、(ドバト)
以上19+1種

さわやかな秋の日差しの中での探鳥会。

まずはじめに、入口付近で猛禽による食痕の観察。
どうやらカッコウ等のトケン類のようだ。
羽根図鑑で調べてツツドリではないかということになった。
先月もツツドリの姿は見ているので、旅の途中で観察の森にも寄って行くのだろう。

バッタの原では数羽のモズが盛んに縄張り争い。
いつもなら木のてっぺんで高鳴きする姿をじっくり観察できるのだが、今日は盛んに飛び回り落ち着かない。
飛び方も普段の波状ではなく、羽を震わせながら見せつけるように飛んでいる。

林の中からアカゲラの声。
しばらく前から滞在しているようだ。
カケスが多く、あちらこちらでギャ、ギャ!と声がする。
ウグイスの地鳴きも聞こえてくる。

上空でカラスが騒いでいると思ったら、オオタカを追っていた。

コブナの流れではキビタキ雌型2羽が盛んにイヌザンショウの実を食べていた。
林の中をエナガ、シジュウカラ、コゲラの混群が移動して行く。
ビートルズトレイルではハクセキレイ数羽が畑で食事中。
頭が少し黄色いのは若い個体か。

サギやホオジロ類が出なかったため、種類は少なめだが、秋らしい探鳥会だった。
テーマ: バードウォッチング -  ジャンル: 趣味・実用
by 牛久とりの会  at 23:50 |  kyara-mama |  comment (0)  |   |  page top ↑

ホシガラス@畳平

2014/9/28(日) 7:30~14:00 畳平・乗鞍高原 晴れ

キジバト、コゲラ、アカゲラ、カケス、ハシボソガラス、ハシブトガラス、キクイタダキ、ヤマガラ、ヒガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、メボソムシクイ、ムクドリ、ルリビタキ、カヤクグリ、スズメ、キセキレイ、ウソ、イカル、ホオジロ、猛禽sp
合計21種+猛禽sp

2日目早朝バスで畳平へ。
途中雲海を楽しむ。

乗鞍 a

今年は秋の訪れが早いらしく、頂上では紅葉がすでに終わってしまっている。

天気が良すぎて?残念ながら今回もライチョウには会えなかったが、ホシガラスがひらひら飛び、カヤクグリの姿も見ることができた。

IMG_1412 ホシガラス

IMG_1463 カヤクグリ

ハイマツ帯で思いがけずキクイタダキに出会う。

IMG_1428 キクイタダキ

また、ヒヨドリの群れがいくつも山を越えて行った。

IMG_1485 ヒヨドリ

姿は見えなかったが、メボソムシクイやルリビタキの声もした。
高原のすばらしい紅葉を楽しみながら帰路についた。

最後になりましたが、2日間にわたり長距離の運転をしてくださったNさん、本当にありがとうございました!!
 
テーマ: バードウォッチング -  ジャンル: 趣味・実用
by 牛久とりの会  at 22:30 |  kyara-mama |  comment (0)  |   |  page top ↑

ハリオアマツバメ@白樺峠 タカの渡り探鳥会

2014/9/27(土) 10:40~17:00 白樺峠 晴れ

キジバト、ハリオアマツバメ、アマツバメ、ミサゴ、ハチクマ、トビ、ツミ、サシバ、ノスリ、コゲラ、アカゲラ、カケス、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヤマガラ、ヒガラ、ツバメ、イワツバメ、ウグイス、メボソムシクイ、メジロ
以上21種

タカの渡りを観察に白樺峠へ!

情報では20, 21日両日でサシバが 3500羽近く通過したとのことだったが、今回観察できたタカは 6種111羽(Nさん、カウント)、サシバよりハチクマ中心だった。

IMG_0736 ハチクマ

IMG_1096 ハチクマ

谷合を流れて行ってしまうものが多かったが、たまに上空を通過する。
中に一羽、かなり低空で飛んでくれた個体がいてうれしかった。

IMG_1263 ハチクマ

IMG_0739 ノスリ

タカのほかにも、ツバメ、イワツバメ、アマツバメ、そして・・・
超高速ハリオアマツバメ!

IMG_0573 ハリオアマツバメ

飛んでいる姿は翼をもったシャチ、速度で言うならクロマグロ!
存在感が半端ではない。

名前の由来は尾羽の先端が針のようにとがっていること。
今回なんとか2本、確認できた。

鳥たちの長旅の無事を祈って見送った。

宿の近くでツキノワグマの親子に遭遇。
仔熊は車道に張り出した枝で木の実を夢中で食べている。
すぐわきの斜面に親を確認。

刺激してはいけないので車を停めずに通過する。
今年は山に食べ物が少ないらしく、クマの出が多いらしい。
共に暮らす方たちはしばらく気を抜けないことだろう。

夜、素晴らしい星空を堪能。
天の川を見たのは久しぶりだ。

帰り、道路わきにぬっと立っていたのはカモシカ!
うれしい出会いだった。
 
テーマ: バードウォッチング -  ジャンル: 趣味・実用
by 牛久とりの会  at 22:20 |  kyara-mama |  comment (0)  |   |  page top ↑
プロフィール

牛久とりの会

Author:牛久とりの会
「牛久とりの会」は 牛久自然観察の森 の 野鳥ボランティアの会です。

最近の鳥だより
最近のコメント
過去の鳥だより
 
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
管理人へのメール
お名前、メールアドレス等は公開されません (管理人のみへ通知されます)。

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。