新緑

ミソサザイ@陸平

2011/4/3(日)自主探鳥会
09:00~11:00 陸平
12:00~15:00 西の洲、浮島

カンムリカイツブリ、カワウ、ダイサギ、アオサギ、コブハクチョウ、カルガモ、コガモ、スズガモ、ミサゴ、トビ、オオタカ、ノスリ、ハヤブサ、チュウヒ、チョウゲンボウ、コジュケイ、キジ、バン、オオバン、コチドリ、タカブシギ、イソシギ、タシギ、セグロカモメ、キジバト、カワセミ、コゲラ、ヒバリ、ツバメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ビンズイ、タヒバリ、ヒヨドリ、モズ、ミソサザイ、ルリビタキ、ジョウビタキ、アカハラ、シロハラ、ツグミ、ウグイス、ヤマガラ、シジュウカラ、メジロ、ホウジロ、カシラダカ、アオジ、オオジュリン、コジュリン、カワラヒワ、マヒワ、シメ、スズメ、ムクドリ、カケス、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ツルシギ、(ドバト)  以上60種類(59+1)

日差しもあまりなく、寒い一日となりました。
陸平では、お目当てのヒレンジャクがまだ飛来していなかったものの、マヒワの群れが枝に止まっていました。
神社の辺りではミソサザイの声をたよりに待つこと数分、ついに姿を捉えることができました。

西の洲では、水田に水が入り始めたところでしたが、タカブシギ、タシギ、イソシギなど数多く見られる中、ツルシギも数羽見られました。
キジのメス?もいましたが、メスか若い雄かで検討後、おそらくメスだろうという結論に達しました。

浮島では、寒い中粘って(私は車で温まっていましたが・・・)、コジュリン、ミサゴ、チュウヒ、ハヤブサなど確認できました。

震災後、初めてのバードウォッチングでした。
瓦屋根が落ちていたり、道路に亀裂が入り通行止めになっていたりで、改めて震災の被害の大きさを痛感しました。
スポンサーサイト



by 牛久とりの会  at 18:50 |  K. TANABE |  comment (0)  |   |  page top ↑

イカル@陸平貝塚公園

2010/4/4(日)自主研修探鳥会
08:30~11:30 陸平貝塚公園
12:30~14:00 手賀沼

カイツブリ、カンムリカイツブリ、カワウ、ダイサギ、コサギ、カルガモ、コガモ、トビ、オオタカ、ノスリ、ハヤブサ、コジュケイ、キジ、バン、オオバン、ユリカモメ、セグロカモメ、キジバト、カワセミ、アリスイ、コゲラ、ツバメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ビンズイ、ヒヨドリ、モズ、ジョウビタキ、アカハラ、シロハラ、ツグミ、ウグイス、エナガ、シジュウカラ、メジロ、カシラダカ、アオジ、オオジュリン、カワラヒワ、ベニマシコ、イカル、シメ、スズメ、ムクドリ、カケス、ハシボソガラス、ハシブトガラス、コイカル、(コブハクチョウ)、(ドバト) 以上48+2種類

天気が良いにもかかわらず肌寒いなか、陸平貝塚ではたくさんのツグミが公園内の草原でのんびりしていました。ノスリ、ハヤブサなど猛禽も見られました。遠くにイカルの声を聞きながらあちこち探してはみたものの、姿を見ることができず残念でした。

その代わりに、手賀沼でコイカルに会いに行きました。カメラマン等の観客がたくさんいる中、寒く空腹を感じながらもしばらく待つと、コイカル1羽が現れ、美しい姿をみせてくれました。近寄っても一向に驚かず、ひたすら食事を楽しんで長時間観客にサービスしてくれました。初めて見るコイカルはイカルよりもひとまわり小さいようですが、存在感たっぷりでした。
by 牛久とりの会  at 21:40 |  K. TANABE |  comment (0)  |   |  page top ↑

サンカノゴイ@印旛沼

2009/6/7(日)8:15~15:00 印旛沼~木戸浜海岸(九十九里) 自主研修探鳥会

カイツブリ,カワウ,ヨシゴイ,サンカノゴイ,アマサギ,ダイサギ,コサギ,アオサギ,カルガモ,ミサゴ,トビ,キジ,キョウジョシギ,オバシギ,オオソリハシシギ,ミユビシギ,トウネン,キアシシギ,ウミネコ,キジバト,カッコウ,ヒバリ,ツバメ,ハクセキレイ,ヒヨドリ,モズ,ウグイス,オオヨシキリ,セッカ,シジュウカラ,ホオジロ,カワラヒワ,スズメ,ムクドリ,ハシブトガラス,シロチドリ,アジサシ,コアジサシ,クロハラアジサシ,オオミズナギドリ,モモイロペリカン(以上41種類)

久しぶりに晴れて日差しが強い中,朝早くから印旛沼ではオオヨシキリが甲高く囀っていました。その中でヨシゴイの優雅に羽ばたく姿がひっきりなしに見られました。ヨシゴイに見とれて間もなく,突然大きな翼を広げ,サンカノゴイが葦の中から水田の方へ飛び立ちました。水田をとことこ足早に歩いていく姿を追いながら,時折止まっては伸ばす首をスコープで眺めました。全部で3羽いたのでしょうか。朝から大物を発見でき,大満足でした。

そこから車で数分の場所に大きなモモイロペリカンが船の上でのんびりしていました。大分人に馴れているようでした。ここでも思いがけない野鳥(?)に感動でした。木戸浜海岸ではたくさんのコアジサシが営巣し,子育てをしていました。卵や,雛も観察できました。オバシギやオオソリハシシギ,ミユビシギ,キョウジョシギなどシギの仲間も波打ち際でチョロチョロしている姿も見られ,ラッキーでした。本日は参加者10名で美女揃いでした!?真っ赤に日焼けをした人も!!
by 牛久とりの会  at 23:00 |  K. TANABE |  comment (0)  |   |  page top ↑

ミコアイサ@真岡

2007/12/2(日)9:00~12:00 井頭公園(真岡市)自主探鳥会
カイツブリ,カワウ,ダイサギ,コサギ,アオサギ,マガモ,カルガモ,コガモ,オナガガモ,キンクロハジロ,ミコアイサ,オオタカ,ノスリ,オオバン,キジバト,カワセミ,コゲラ,キセキレイ,ハクセキレイ,セグロセキレイ,ビンズイ,ヒヨドリ,モズ,ジョウビタキ,アカハラ,シロハラ,ツグミ,ウグイス,キクイタダキ,エナガ,ヤマガラ,シジュウカラ,メジロ,カシラダカ,アオジ,カワラヒワ,シメ,スズメ,カケス,ハシボソガラス,ハシブトガラス  以上41種類

071203WaterBird.jpg

師走に入り,ポカポカ陽気の中,紅葉の美しい小道を歩きながら周囲の景色を満喫できた一日でした。たくさんのマガモ,カワウ,カルガモ(写真1)の中で、きれいな白黒ではなかったのですが,ひときわ目立ったのがミコアイサ。頭や背中に茶色の部分は残るものの,目の周りが黒く,オスだと判別することができました(写真2)。

071203Mikoaisa.jpg

しかし,冬鳥の数が少なく,お目当てのミヤマホオジロ,トラツグミの姿も見られず大変残念でした。その代わりに,あちらこちらでシジュウカラ,メジロの中にキクイタダキが数羽混じって見られ,今日はキクイタダキデーとなりました。
by 牛久とりの会  at 23:20 |  K. TANABE |  comment (0)  |   |  page top ↑

定例探鳥会@牛久自然観察の森

2007/6/17(日)9:00~11:20 牛久自然観察の森
070617Kawasemi1.jpg
キジ、キジバト、ホトトギス、カワセミ、コゲラ、ヒバリ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、キビタキ、エナガ、シジュウカラ、メジロ、ホオジロ、カワラヒワ、スズメ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、コジュケイ、以上18+外来1種
070617Kawasemi2.jpg
 今日は朝から非常に大勢の方々(1時間もかけて来てくださったご夫婦,中学生,小さなお子さん連れの方,親子で参加してくれた方,初心者の方や双眼鏡持参のベテランの方など)が参加してくださり,活気に満ちた探鳥会となりました。
 朝から梅雨入りしたとは思えないほどの晴天で,バッタの原は日差しが強く,鳥たちも日影で涼んでいると思いきや,ホオジロ,ハシボソガラスなど,木のてっぺんにいるのを双眼鏡でじっくり観察することができました。
070617Kawasemi3.jpg
 森の中へ入ると,シジュウカラの幼鳥の声やエナガの幼鳥の群れに出会いました。コジュケイの姿も目撃した人もたくさんいました。
 コブナの流れの池にはカワセミの幼鳥が頻繁にダイビングをして餌を捕る姿がじっくり見られ,参加者を魅了していました。カワセミがザリガニを捕って食べている姿を観察した人もいました。
 森の中は葉も茂り,鳥たちの数も少ない中,カワセミがたくさんの参加者を楽しませてくれ,とても充実した探鳥会となりました。
(写真 by Tanaka)
by 牛久とりの会  at 20:30 |  K. TANABE |  comment (0)  |   |  page top ↑
プロフィール

牛久とりの会

Author:牛久とりの会
「牛久とりの会」は 牛久自然観察の森 の 野鳥ボランティアの会です。

最近の鳥だより
最近のコメント
過去の鳥だより
 
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
管理人へのメール
お名前、メールアドレス等は公開されません (管理人のみへ通知されます)。

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

RSSフィード
リンク