新緑

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by 牛久とりの会  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

巣立ち雛@つくば

2008/5/28(水)10:00頃 つくば市内 
シジュウカラ、スズメ、ヒバリ、ムクドリ、コゲラ、オナガ、キジバト、ヒヨドリ、セグロセキレイ、ツバメ、アオサギ、チュウサギ(?)、コジュケイ(声)

犬の散歩に出たとたん、シジュウカラの雛の声。
あっちの電線、こっちの手すりで、巣立ち雛が右往左往しています。

空き地ではムクドリとスズメが何家族か、えさを探しています。
子ども達は親の周りにわらわらぎこちなく群がっています。
歩道に飛び出してきたスズメの子は、うまく石垣に飛び上がれず、壁に必死に取り付いて、何とか植え込みの中には入りましたが、私が通る横で固まっていました。
1ヶ月ほど前に草刈が行われた空き地では、ヒバリが子育てを再開した様子で一安心。

突然、カワセミに似た、「キーッキッキッキ」という聞きなれない金属的な鋭い声がしたので探してみると、並木でコゲラの巣立ち雛が数羽、親を呼んでいます。
近くにある巣穴の雛が出たのかと行って覗いてみると、まだ中から何羽かチィチィ声がして、見ていると、ひょっこり顔を出してきました。
(翌日にもまだいましたので、別の巣の雛だったようです。)

公園ではオナガが雛を呼ぶチュイーンという優しい声がしています。
近くのビルの駐車場ではセグロセキレイが子育て中。
こちらも2、3日中には巣立ちそうです。

一回りして戻ってくると、先ほどのシジュウカラにまた出くわしました。
どうやら大通りの並木を目指しているようです。
みんな元気に大きくなって、また戻ってきてね。
スポンサーサイト
by 牛久とりの会  at 23:10 |  kyara-mama |  comment (0)  |   |  page top ↑

コルリ@筑波山

2008/5/24(土) 筑波山
カワウ(F) トビ ツツドリ(S) コゲラ(C) キセキレイ(S) ヒヨドリ コルリ(S) ウグイス(S) ヤブサメ(S) キビタキ(S) オオルリ(S) ヒガラ(S) ヤマガラ(S) シジュウカラ(S) メジロ ホオジロ(S) カワラヒワ イカル ハシブトガラス (ソウシチョウ) 以上19+1種
筑波山には相変わらずソウシチョウが多いですが、キビタキなどの囀りが綺麗です。
ここでコルリの声を初めて聞きました。
その他、ほとんどが声ばかりで、姿の確認はほとんどできませんでしたが、案外色々な鳥がいることが改めてわかりました。
by 牛久とりの会  at 21:40 |  nakamura |  comment (0)  |   |  page top ↑

コブハクチョウ@伊丹

2008/5/20(火) 伊丹

スズメ、ムクドリ、ツバメ、ドバト、アオサギ、ダイサギ、オオヨシキリ、コブハクチョウ、ハシブトガラス

kobuhakucyo-20080520-02.jpg

天気の良い日には、昼休みに会社の近くの近隣公園をウオーキングしております。
本日は、天気も回復したので、コブハクチョウの雛とカワセミをお目当てにデジタル一眼を持って行ってきました。

kobuhakucyo-20080520-01.jpg

残念ながらカワセミには会えませんでしたが、4羽のコブハクチョウの雛と親鳥に会えました。
雛は灰色の羽毛で覆われ(孵化した時にはやはり黄色なのでしょうか?)、元気に水草を食べておりました。
これからも元気に育って欲しいです。

b-kobuhakucyo-20080520-03.jpg
by 牛久とりの会  at 22:30 |  トルネードSAKAI |  comment (0)  |   |  page top ↑

キビタキ@牛久自然観察の森

2008/5/18(日)9:00~11:00 牛久自然観察の森(定例探鳥会)

アオサギ、カルガモ、キジ、キジバト、ホトトギス、フクロウ、カワセミ、コゲラ、ヒバリ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、セッカ、エナガ、ヤマガラ、シジュウカラ、メジロ、ホオジロ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、コジュケイ(S)、以上23+外来1種

森の鳥たちは、子育てに大忙し。さかんに縄張りを主張するウグイスやカワラヒワ、そのウグイスの巣への託卵をねらってるであろうホトトギス、幼鳥を連れたシジュウカラなどで、大賑わいです。

もっとも賑やかだったのは、ハシブトガラス。
 「みんなー、うちのコ、産まれたよー」
 「すいませーん、だれかヘルパーしてくれなぁい?
  うちのコ、もう半日も何にも食べてないのよー」
 「ちょっとー、隣の森のオオタカが、ココ狙ってるってー。
  気を付けなきゃー」
なぁんて騒いでるのでしょうか。

観察会終了後、NC前で、キビタキの綺麗なさえずりが。今年もやっぱり、寄ってくれたんだね。ゆっくり休んで、営巣の体力をつけてね。
by 牛久とりの会  at 23:00 |  HP管理人 |  comment (0)  |   |  page top ↑

キビタキ@吹田市

2008/5/17(土) 万博記念公園(吹田市)
スズメ、ヒヨドリ、ムクドリ、ドバト、キジバト、メジロ、シジュウカラ、ヤマガラ、コゲラ、エナガ、キビタキ(S)、カワラヒワ、カルガモ、ダイサギ、アオサギ、バン、カイツブリ、コブハクチョウ、カワウ、ハシボソガラス

2008/5/18(日) 万博記念公園(吹田市)
スズメ、ヒヨドリ、シジュウカラ、コゲラ、メジロ、エナガ、ドバト、キジバト、キビタキ、コゲラ、ムクドリ、カルガモ、カワウ、ダイサギ、アオサギ、ハヤブサ(上空)、ハシボソガラス、ハシブトガラス

daisagi-20080517.jpg

さて、この5月17日と5月18日は吹田市の万博記念公園に行きました。お目当てはカワセミとキビタキとオオルリでしたが、カワセミは2日間とも会えなかったです。多分、多くの野鳥も繁殖の時期でもあり、色々と訳ありなのでしょう。近くの人に聞くと、万博記念公園では大抵は見れるとのことでした。5月17日は5mまで寄ってくれたダイサギを撮影しましたので投稿します。

kibitaki-20080518-01.jpg

5月18日はエナガの元気な幼鳥を撮影できました。しかし、暑さのためか、これといった野鳥にも巡り合えず失意の中で帰路の途中に、道路の脇の林の中で念願のキビタキを撮影することができました。囀りに忙しいためか、10m程度の至近距離から撮影できましたが、やはり気持ちが焦ってしまって十分なピンではありません。しかし、当初の目標の1羽を撮影で来てやはり嬉しかったです。でも、このような都会のグリーン地区ではドバトが多く、筑波では普通に会えるキジバトを見るとなぜかほっとしました。
by 牛久とりの会  at 22:40 |  トルネードSAKAI |  comment (0)  |   |  page top ↑
プロフィール

牛久とりの会

Author:牛久とりの会
「牛久とりの会」は 牛久自然観察の森 の 野鳥ボランティアの会です。

最近の鳥だより
最近のコメント
過去の鳥だより
 
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
管理人へのメール
お名前、メールアドレス等は公開されません (管理人のみへ通知されます)。

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。