新緑

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by 牛久とりの会  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

カワセミ@西宮

2008/7/27(日) 甲山森林公園(西宮)

スズメ、シジュウカラ、エナガ、メジロ、コゲラ、ツバメ、ウグイス、キジバト、カワ
セミ、カルガモ、ハシボソガラス

kawasemi-20080727-01.jpg

この2日間は36度の猛暑の中でしたが、早朝7時からお昼前まで西宮市の甲山森林公園に行き、カワセミの写真撮影に挑戦してきました(何人かも鳥見で一緒におりました)。
この池は、牛久自然観察の森のようにハイドが無いので、撮影では自分が立ち木になりきることで何とかカワセミ君のご機嫌を損なわないように撮影してきましたが、本日、やっと写真を撮ることができましたので送信します。

kawasemi-20080727-02.jpg

ついでに、牛久自然観察の森の「コムラサキの池」ではないのですが、コムラサキも見ました。
まだまだ暑いですが、連休に筑波に戻ってもカワセミを鳥見しようと思います。
スポンサーサイト
by 牛久とりの会  at 23:50 |  トルネードSAKAI |  comment (0)  |   |  page top ↑

アカショウビン@長野

2008/7/26(土) 長野県

昼ご飯を食べた後、森の中に向かい歩き始めて20分ほど経った時。
わたしたちの横をなにやら赤いものが、スーッと飛んでいきました。
赤い鳥=アカショウビンだ!と思い、それが飛んでいった方向を双眼鏡で見ると、真っ赤な体に、赤く太い嘴。
見慣れたカワセミによく似たシルエット。
とても綺麗な鳥、アカショウビンがさほど太くない枝に止まっていました。
新緑の中に赤が映え、本当に美しい鳥でした。

IMG_0080アカショウビン

鳥見を始めた頃からずっと見たい!と憧れたアカショウビンを初めて見ることが出来、感動しました。
キョロロと鳴くことはありませんでしたが、数分の間そこをじっとしていてくれたため、じっくりと観察することが出来ました。

ちなみにその先では何十人ものバーダーさんたちが、何時間もアカショウビンを待っていたそうです。
本当に幸運だったと思います。

そのほかにはウグイス、アカハラ、ノジコなどが盛んに鳴いていましたが、アカショウビンに夢中だったため、キョロロ君以外はあんまり見ていません。
by 牛久とりの会  at 23:50 |  Saki |  comment (0)  |   |  page top ↑

キビタキ@牛久自然観察の森

2008/7/20(日)8:00~10:00 牛久自然観察の森(定例探鳥会)

カワウ、ダイサギ、チュウサギ、アオサギ、キジ、コジュケイ(s)、キジバト、ホトトギス(s)、カワセミ、コゲラ、ヒバリ、ツバメ、ハクセキレイ、ヒヨドリ、ウグイス(s)、セッカ(s)、キビタキ、エナガ、シジュウカラ、メジロ、ホオジロ、カワラヒワ(F)、スズメ、ムクドリ、ハシボソカラス、ハシブトカラス 以上25種+外来種1

うす曇りながら多少の風がある朝8時に、バッタの原から探鳥を開始。上空通過のカワラヒワを双眼鏡で追う。高木の枝陰に休むハシブトカラスやハシボソカラスをじっくりと観察し、その逞しさにあらためて感心した。今日は林の中のカラス達が穏やかだ。
カワセミの池でカワセミに対面。

観察舎で休憩中に、キビタキのさえずり。まさか?と思ったが間違いなし。高橋会長が、樹間で飛び立つ姿を視認した。さえずりは2方向から聞こえ、どうやら2羽いるらしい。5月、6月、7月と留まっており、大きな得をした気分だ。
イヌサンシヨウが実る秋には、近くでその麗姿をみせてくれることを期待したい。

ビートルズトレイルでは、サギ類に会う。暑さのせいか動きが鈍い。セッカのさえずりを聞く。
電線には、ツバメの幼鳥が数羽。親ツバメと子ツバメが空中を舞って、虫を捕らえている。
この時期になると、子ツバメも自力で餌さ取りが出来るようだ。

日差しが強くなってきた10時で探鳥会を終了。この時期にしては、観察出来た鳥種が多かった。
by 牛久とりの会  at 22:00 |  Nomura |  comment (0)  |   |  page top ↑

カワセミ@つくば

2008/7/7(月) つくば
スズメ、ヒヨドリ、シジュウカラ、ムクドリ、キジバト、オナガ、カワセミ、ツミ、ハシボソガラス

kawasemi-20080706-04.jpg

大変ご無沙汰しております。
1ヶ月に何回か関西から筑波に戻っておりますので、ツミや公園の野鳥たちを見ながら散策しておりますが、とにかく蒸し暑いので「へとへと」です。
関西でも気温が高いせいか、なかなかお目当ての野鳥にも巡り合うこともできず、鳥見をするこちらの方がバテ気味です。

kawasemi-20080706-02.jpg

筑波のよく行く公園では、久々(何ヶ月振りか)に、カワセミに会うことができました。
「今日はもう終わり」と早朝鳥見を切り上げようとしたら、10mほど先の杭の上に何かがいる。
そして、よく見たらカワセミでした。
まだ、お腹の鮮やかなオレンジ色の羽もかなり黒く、たぶん今年巣立った若鳥ではないでしょうか。
それにしても、本当にこの池にカワセミが来てくれてホッとしました。
これから毎日来てほしいです。
by 牛久とりの会  at 22:50 |  トルネードSAKAI |  comment (0)  |   |  page top ↑

エリグロアジサシ@銚子

2008/7/6(日)
08:30~10:30 利根川河川敷(神栖市)
11:30~14:30 銚子漁港~波崎

カワウ ウミウ ゴイサギ ダイサギ チュウサギ アオサギ カルガモ スズガモ トビ ノスリ コチドリ シロチドリ イソシギ オオセグロカモメ ウミネコ クロハラアジサシ エリグロアジサシ コアジサシ キジバト ヒバリ ツバメ ハクセキレイ セグロセキレイ ヒヨドリ ウグイス オオセッカ コヨシキリ オオヨシキリ セッカ コジュリン スズメ ムクドリ ハシボソガラス ハシブトガラス 以上34種

とても暑い暑い一日でした。
オオヨシキリ、コヨシキリ、オオセッカ、セッカ、コジュリンはとても元気に鳴いていました。
フィールドスコープで葦原をしばらく覗いていると、潜っていたオオヨシキリなどが飛び上がるのが見えました。

IMG_1213.jpg

そのあと銚子に向かいアジサシの仲間を見ました。
アジサシの仲間は顔つきがクールでとてもかっこいいと思います。
エリグロアジサシは黒と白のコントラストがとても美しい鳥でした。
とても暑かったです。
by 牛久とりの会  at 23:00 |  Saki |  comment (0)  |   |  page top ↑
プロフィール

Author:牛久とりの会
「牛久とりの会」は 牛久自然観察の森 の 野鳥ボランティアの会です。

最近の鳥だより
最近のコメント
過去の鳥だより
 
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
管理人へのメール
お名前、メールアドレス等は公開されません (管理人のみへ通知されます)。

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。