新緑

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by 牛久とりの会  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

オオヨシキリ@小文間

2009/4/24(金)8:30~12:00 小文間(取手市)

カワウ、アオサギ、カルガモ、ヒドリガモ、オオタカ、コジュケイ、キジ、イソシギ、セグロカモメ、キジバト、コゲラ、ヒバリ、ツバメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、モズ、アカハラ、シロハラ、ツグミ、ウグイス、オオヨシキリ、セッカ、エナガ、シジュウカラ、メジロ、ホオジロ、アオジ、カワラヒワ、シメ、ス
ズメ、ムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、計33+1種。

オオヨシキリが渡って来たばかりか、葦原の中でギョシ、ギョシと静かに鳴き始めていました。
冬鳥たちは、数が少なくなりましたが、ヒドリガモは数多くいました。
小文間のバードウオッチングは秋まで休みます。
 
スポンサーサイト
by 牛久とりの会  at 23:50 |   |  comment (0)  |   |  page top ↑

マヒワ@美浦村

2009/4/23(木)11:00~13:00 美浦村 晴れ

トビ、サシバ、キジバト、コゲラ、ツバメ、ハクセキレイ、ヒヨドリ、モズ、キレンジャク、ツグミ、ウグイス、エナガ、ヤマガラ、シジュウカラ、メジロ、ホオジロ、アオジ、カワラヒワ、マヒワ、シメ、スズメ、ハシボソガラス、ハシブトガラス (計23種)

あれだけいたヒヨドリやツグミはすっかり影をひそめ、シロハラやビンズイの姿もなく、先週に比べてとても静かです。遅れをとったらしい(?)ツグミ、キレンジャクを各1羽見かけた他は、シメが「ツィ、ツィ、ツチチゥ~」とかわいらしい声で鳴いていました。

カワラヒワが囀っているあたりに群がいたので、当然カワラヒワだろうと思いながら見てみたところ、なんと殆どがマヒワです。風の中でよく耳を澄ますと、あちらこちらの梢からマヒワの声が盛んにして、また歩く先々で、丈の高くなったクローバーの茂みから数十羽がぱぁっと飛び立ちます。見ただけでも1,000+はいたのではないでしょうか。新緑とマヒワのおしゃべりを堪能してきました。
by 牛久とりの会  at 23:50 |  kyara-mama |  comment (0)  |   |  page top ↑

カケス@牛久自然観察の森

2009/04/19(日)9:00~11:10 牛久自然観察の森

カワウ(F)、カルガモ、キジ♂、コジュケイ(C)、キジバト、コゲラ、ツバメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ビンズイ、ヒヨドリ、シロハラ、ツグミ、ウグイス、エナガ、ヤマガラ、シジュウカラ、メジロ、ホオジロ、アオジ、アトリ、カワラヒワ、シメ、スズメ、カケス(F)、ハシボソガラス、ハシブトカラス 以上26種+1

快晴に恵まれた。
落葉樹の新葉に心が浮き立つ季節だが、同時に野鳥も見付け難くなってきた。

バッタの原では、セグロセキレイがお出迎え。
暫く時を過ごした後、園路をたどる。

十字路付近でアトリやアオジを見る。
多数の目があると、木陰の茂みの中の野鳥も見えてくる。

観察舎で休憩中に、カケスの飛翔を見る。
この時期ではラッキーだ。
繁殖期を迎えたキジ♂の高鳴きも盛んだ。

コブナの流れでは、カルガモペアーの飛翔があった。
一同に(写真)に恐れたか、ヤマカカシが茂みに逃れる。

090419探鳥風景

カッパ沼では、ウシガエル2匹が倒木上で日向ぼっこ。
シャガが咲き初めている。
咲き始めた清楚なイチリンソウに、心が洗われた。
by 牛久とりの会  at 23:50 |  Nomura |  comment (0)  |   |  page top ↑

レンジャク@美浦

2009/4/15(水)10:30~13:30 美浦

アオサギ、トビ、オオタカ、サシバ、キジバト、コゲラ、ツバメ、ハクセキレイ、ヒヨドリ、モズ、レンジャク、アカハラ、シロハラ、ツグミ、ウグイス、エナガ、シジュウカラ、メジロ、ホオジロ、カシラダカ、アオジ、カワラヒワ、マヒワ、シメ、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、(コジュケイ)
計28+1

ヒヨドリとツグミの数は、一時に比べると随分少なくなりました。おかげで、他の鳥の声が良く聞こえました。
シロハラは結構いるようですが、木の茂みの中でなかなか姿を見ることができません。
アカハラは見上げていた木に突然舞い込んできたので確認できました。
少数ですが、マヒワがまだいました。

先日ヒレンジャクを一羽見かけていたので探したところ、7~8羽のレンジャクを見つけました。
ヒリヒリリと、高いところで声はするのですが、逆光でなかなか見つけられません。
しかもとても警戒心が強く、見えても上半身だけで、尾の色が確認できませんでした。
残念です。
by 牛久とりの会  at 23:20 |  kyara-mama |  comment (2)  |   |  page top ↑

マヒワ@牛久観察の森

2009/4/14(火)8:30~10:30 牛久自然観察の森

アオサギ、カルガモ、コガモ、コジュケイ、キジ、キジバト、カワセミ、コゲラ、ツバメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、シロハラ、ツグミ、ウグイス、エナガ、シジュウカラ、メジロ、ホオジロ、アオジ、カワラヒワ、マヒワ、シメ、スズメ、カケス、ハシボソガラス、ハシブトガラス、計26+1種

090414Mahiwa.jpg

早朝バッタの原にマヒワの群れがいたそうですが、私は十字路付近で二羽見ることができました。
冬鳥たちも数多くおり、特にシメの嘴は繁殖期の鉛色になっていました。

090414Shime.jpg

池に魚を大量に放流したためか、カワセミを今回も見ることができ、この分ですと子供を連れて来てくれそうです。
ニリンソウ、スミレは見ごろ、イチリンソウは一輪のみ咲いていました。
by 牛久とりの会  at 22:40 |   |  comment (0)  |   |  page top ↑
プロフィール

Author:牛久とりの会
「牛久とりの会」は 牛久自然観察の森 の 野鳥ボランティアの会です。

最近の鳥だより
最近のコメント
過去の鳥だより
 
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
管理人へのメール
お名前、メールアドレス等は公開されません (管理人のみへ通知されます)。

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。