新緑

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by 牛久とりの会  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

ウグイス@牛久自然観察の森

2009/07/19(日)8:00~10:00 牛久自然観察の森(定例探鳥会)

カワウ(F)、ダイサギ、チュウサギ、アオサギ、カルガモ、オオタカ、キジバト、(ドバト)、ホトトギス、カワセミ(♂)、コゲラ、ヒバリ、ツバメ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、ウグイス、セッカ(S)、シジュウカラ、メジロ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス 以上23種+1

薄曇りの夏空で暑さも我慢できる気温でした。バッタの原から出発。コムラサキの池ではアオサギ成鳥がお出迎え、長い冠羽もしっかり観察できる近さでした。観察中にカワセミ成鳥(♂)が飛来、じっくりと目を楽しませてくれました。今日はアオサギの上空旋回を各所で目撃できました。

休憩-リサイズ

一同が観察舎で水分補給中(写真-1)にウグイスの美声。ヒノキ高木梢の“ソングポスト”にウグイスを発見。逆光でしたが、嘴を大きく開けて囀る「姿と声の一致」を観察できました(写真-2)。

ソングポストのウグイス-リサイズ

ハシブトカラスの攻撃を受けた時は場所を少し移動しましたが、やり過ごすと直ぐに元の場所に復帰、囀りを続けました。ゴールデンウイーク前後のウグイスは、囀り後の枝移りが激しく、観察しにくいので今日は大きな得をした気分です。

カルガモ♂-リサイズ

コブナの流れではカルガモ(♂)が草むらで休憩中(写真-3)。今日はカルガモ(♀)は不在でした。
ビートルズトレイルでは、ダイサギとチュウサギがお出迎え。夏羽と冬羽の個体が混在し、少し混乱しました。最初はアマサギ冬羽か?と思いましたが、一同で観察した結果、大きさと頭部の形状からチュウサギと同定しました。

水田ではセッカの囀り、上空にヒバリ、ツバメの姿を視認しました。
午前10時に観察終了、センター内で鳥合わせ。
この時期にしては内容のある探鳥会でした。
 
スポンサーサイト
by 牛久とりの会  at 22:30 |  Nomura |  comment (0)  |   |  page top ↑

オオセッカ@小見川

2009/7/5(日)8:45~16:30 小見川~木戸浜(九十九里)~飯岡港
自主研修探鳥会(参加者5名)

カワウ、ゴイサギ、アマサギ、ダイサギ、コサギ、アオサギ、カルガモ、チュウヒ、ノスリ、シロチドリ、オオセグロカモメ、ウミネコ、ハジロクロハラアジサシ、アジサシ、(亜種アカアシアジサシ)、コアジサシ、ベニアジサシ、キジバト、ヒバリ、ツバメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、イソヒヨドリ、ウグイス、オオセッカ、コヨシキリ、オオヨシキリ、セッカ、ホオジロ、コジュリン、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス(以上35+亜種1種)

曇り空のおかげで、一日気持ちよく観察できました。オオセッカはセッカのように高く長く飛ばないので、始めのうちなかなか姿を見つけられませんでしたが、見慣れてくるとあまり草の中にもぐりこまない分観察しやすく、姿も声も堪能することができました。時々コヨシキリの声もするのですが、はるか遠くに1,2度、姿を見ることができただけでした。驚いたことにチュウヒが2羽、仲良く飛び回っていました。

木戸浜では、1ヶ月前にはなかった海の家が出現していました。アジサシたちはすでにかなり巣立ってしまったようで数が減っていました。お会いしたバーダーさんの情報で飯岡へ。すぐにベニアジサシ1羽を確認。アジサシより小ぶりで額の白いハジロクロハラアジサシ、なぜかすごく短足に見える亜種アカアシアジサシも1羽ずつ観察することができました。また、アジサシ、コアジサシのヒナや若が沢山いて、とてもかわいかったです。
by 牛久とりの会  at 23:20 |  kyara-mama |  comment (0)  |   |  page top ↑
プロフィール

牛久とりの会

Author:牛久とりの会
「牛久とりの会」は 牛久自然観察の森 の 野鳥ボランティアの会です。

最近の鳥だより
最近のコメント
過去の鳥だより
 
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
管理人へのメール
お名前、メールアドレス等は公開されません (管理人のみへ通知されます)。

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。