新緑

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by 牛久とりの会  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

カシラダカ@美浦

2010/2/21(日)13:00~16:00 美浦、西の洲、浮島

カワウ、アオサギ、カルガモ、ミサゴ、トビ、オオタカ、ノスリ、チュウヒ、(コジュケイ)、ユリカモメ、キジバト、コゲラ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、モズ、ルリビタキ、ジョウビダキ、シロハラ、ツグミ、ウグイス、シジュウカラ、カシラダカ、アオジ、オオジュリン、カワラヒワ、ベニマシコ、シメ、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス
計30+1種。 

定例探鳥会の後、有志でバードウォッチングを楽しみました。
種類は多くありませんでしたがシメ、カシラダカが数十羽の群れをつくっていました。
猛禽類も5種類みることができました。
腰の方も一日中歩く事ができましたので、今後出来るだけ探鳥会に参加したいと思います。
スポンサーサイト
by 牛久とりの会  at 23:10 |   |  comment (0)  |   |  page top ↑

トラツグミ@牛久自然観察の森

2010/2/21(日)9:00~11:10 牛久自然観察の森(定例探鳥会)

カワウ、マガモ(♀)、コガモ(♂♀)、オオタカ、ノスリ、(コジュケイ)、キジバト、コゲラ、タヒバリ、ヒヨドリ、モズ、トラツグミ、シロハラ、ツグミ、ウグイス、エナガ、ヤマガラ、シジュウカラ、アオジ、メジロ、カワラヒワ、シメ、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス
以上25種+1

快晴、寒気も少し緩んでいる。
バッタの原では入り口付近の落葉高木梢のシメを見て目を慣らす。鳥影は少ない。
コムラサキの池の水出口付近から、アシ陰に居るコガモの群れを観察した。ペア形成が始まる様子だ。マガモの♀が混じっていた。観察中トラツグミが1羽、双眼鏡の視野を横切る。不意打ちだったが、3人が視認した。トラツグミはアカネズミの森で出没している模様。

コブナの流れでは、しばらく時間を過ごしたが(写真)、前日視認したルリビタキは姿を見せない。

探鳥風景-Trim-Net

ビートルズトレイルに出ると、カワラヒワの群れ、モズ、タヒバリの他、ノスリの飛翔にカラス2羽のモビングかけている様子が観察出来た。
本日の探鳥会は、鳥種はまあまあだが個々の鳥の数が少なく、消化不良気味だった。
by 牛久とりの会  at 23:00 |  Nomura |  comment (0)  |   |  page top ↑

ヤマセミ@宝塚

2010/2/20(土) 武庫川(宝塚)

スズメ、ヒヨドリ、シジュウカラ、メジロ、ホオジロ、ウグイス(わずかにホーホケキョ)、ジョウビタキ、ルリビタキ、シロハラ、カケス、セグロセキレイ、キセキレイ、ヤマセミ、カルガモ、コガモ、カワウ、トビ、ハシボソガラス

yamasemi-20100220.jpg

本日は、午前中は天気が良く、また暖かかったので、宝塚市の武庫川上流に行ってきました。
最初から、なんとなく狙っていた野鳥が無かったのが良かったのか、無欲で撮影状態で待っていると、なんとヤマセミが飛んできて対岸の枝にとまりました。
最初は、なんかハトみたいな大きな野鳥と思ったのですが、双眼鏡でヤマセミと確認して10数撮影ができました(内数枚はピンボケでした)。
飛びながらあの特徴のある鳴き声はしませんでした(小さな声で鳴いていましたが)。

数年前から鳥見を開始して、初めて確認できたヤマセミでしたので感激でした。
2~3分程度は枝にとまっていましたが、やがてひらひらと上流に飛んで行きました。
でも、ヤマセミでツキを使ったためか、おなじみのカワセミには会えませんでした。
by 牛久とりの会  at 23:10 |  トルネードSAKAI |  comment (0)  |   |  page top ↑

ミコアイサ@井頭公園

2010/2/14(日)10:30~15:00 井頭公園(栃木県真岡市)

カワウ、アオサギ、マガモ、カルガモ、コガモ、オナガガモ、ミコアイサ、クイナ、キジバト、カワセミ、コゲラ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、モズ、ルリビアキ、ジョウビタキ、シロハラ、ツグミ、エナガ、ヤマガラ、シジュウカラ、アオジ、アトリ、カワラヒワ、ベニマシコ、シメ、スズメ、カケス、ハシボソガラス、(ソウシチョウ)
以上29+1種


残雪のなか井頭公園で一人のんびり探鳥をしてきました。
鳥見亭前の池ではミコアイサのオス(1)とメス(3)が仲良く潜水を繰り返していました。

ミコアイサ♂♀ 20100214

その後、反時計回りに池を周回するコースを進みましたが、いつもと池の様子が違います。
運悪く池の護岸工事と木道の改修工事が重なり、池の水もほとんど抜かれている状態です。
そんななか、水たまりで容易に小魚が獲れるようで、ところどころでカワセミダイブを見ることができました。

カワセミ♀ 20100214A

カワセミ♂ 20100214B

ルリビタキは池の東側の遊歩道沿いでオス、メス確認できましたが、オスの方が警戒心が弱いようで、付かず離れずの距離を保って暫く道先案内をしてくれました。

ルリビタキ♀ 20100214AT

ルリビタキ♂ 20100214

野鳥の森では、一羽のアトリが目の前に舞い降りてきて落ち葉の中で採餌していました。
昨シーズンはあちこちでアトリの群れを見ることができましたが、今シーズンはこれが初見です。

アトリ 20100214

池の西側の釣り堀の裏では、ソウシチョウの群れを狙って多くのカメラマンが集まっていました。
餌付けされ人慣れしてしまっている外来種に多少哀れみを感じましたが、日本の野鳥にはない美しさがあるのは否定できません。

ソウシチョウ 20100214H

工事完了までしばらく時間がかかりそうなので、次に行くのは来シーズンにしようかと思います。
by 牛久とりの会  at 22:00 |  Murai |  comment (0)  |   |  page top ↑

ケアシノスリ@渡良瀬

2010/2/7(日) 群馬県板倉町~多々良沼~茂林寺~みかも山~渡良瀬遊水地
カイツブリ カワウ コハクチョウ マガモ カルガモ コガモ ヒドリガモ オナガガモ ミサゴ トビ ケアシノスリ ノスリ ハイイロチュウヒ チュウヒ チョウゲンボウ オオバン コジュケイ キジバト アカゲラ コゲラ ハクセキレイ ヒヨドリ モズ ルリビタキ ジョウビタキ シロハラ ツグミ ウグイス エナガ ヤマガラ シジュウカラ メジロ ホオジロ カシラダカ アオジ カワラヒワ ベニマシコ シメ スズメ ムクドリ カケス コクマルガラス ミヤマガラス ハシボソガラス ハシブトガラス (ドバト)
以上45+1種

毎年恒例の渡良瀬探鳥会ですが、今年も強風に見舞われました。
カモ類も少ないようなので、他の場所を廻ることにしました。

群馬県板倉町内の農耕地で、ミヤマガラスの群れを観察。コクマルガラス数羽を確認しましたが、暗色型のみでした。

多々良沼ではコハクチョウやオナガガモの群れを観察しましたが、ここも風が強く、早々に退散しました。

3箇所目は茂林寺。周辺に広がる茂林寺沼周辺で小鳥類を観察しました。
風がやまないので、栃木県佐野市のみかも山に移動。ルリビタキなどの小鳥たちを観察しました。

結局3時ごろに渡良瀬に戻り、タカの観察に絞って観察しました。
ミサゴ、ノスリ、チュウヒは割りとよく見られ、ハイイロチュウヒは♀のみ2個体。
遠かったのですが、ケアシノスリらしい個体を観察することができました。

いつも強風が吹くというわけではないのですが、どうにもタイミングが悪いです。
来年こそ、風のない渡良瀬を満喫したいところです。
by 牛久とりの会  at 23:00 |  nakamura |  comment (0)  |   |  page top ↑
プロフィール

Author:牛久とりの会
「牛久とりの会」は 牛久自然観察の森 の 野鳥ボランティアの会です。

最近の鳥だより
最近のコメント
過去の鳥だより
 
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
管理人へのメール
お名前、メールアドレス等は公開されません (管理人のみへ通知されます)。

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。