新緑

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by 牛久とりの会  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

オオタカ@牛久

2010/3/27(土)11:00~13:30 牛久自然観察の森

先週に引き続き観察の森で探鳥しました。
鳥種は非常に少なかったです。
観察舎前のハナモモにメジロが蜜を吸いに来ていました。

メジロ 20100327E

十字路手前の枯れ木ではコゲラが巣作りの準備でしょうか、穴掘りに励んでいました。

コゲラ 20100327

帰り際、オオタカの成鳥が切り株の上で羽を休めていました。

オオタカ 20100327A
 
スポンサーサイト
by 牛久とりの会  at 23:20 |  Murai |  comment (2)  |   |  page top ↑

ツバメ初認@取手

2010/3/23(火)8:30 取手市

自宅ベランダでツバメを初認です。
平年並みです。
by 牛久とりの会  at 20:50 |   |  comment (2)  |   |  page top ↑

ベニマシコ@龍ヶ崎市若柴

2010/3/22(月)10:30~15:00 牛久自然観察の森、龍ヶ崎市若柴の谷津田

カルガモ、オオタカ(S or C)?、コジュケイ(S)、キジバト、コゲラ、ヒヨドリ、モズ、ルリビタキ、ジョウビタキ、シロハラ、ツグミ、ウグイス、エナガ、シジュウカラ、ホオジロ、カシラダカ、アオジ、ベニマシコ、シメ、スズメ、ムクドリ、カケス、ハシボソガラス、ハシブトガラス 以上24種

うららかな日和のなか近場で探鳥をしてきました。
観察の森ではオオタカの情報がありましたが、たしかにシイの森あたりからオオタカと思われる鳴き声を聞くことができました。
またその近くではカケスが地上に降りて採餌するシーンを間近で見ることができました。
オトシブミの林では2羽のルリビタキ(いずれも若オスもしくはメス)がこちらの気配を感じ取ったのか飛び去って行きました。
観察舎で昼食をとりながら満開のハナモモをしばらく眺めていましたが、ウソがやって来ることはありませんでした。
帰りがけにバッタの原でベニマシコの地鳴き(フィッ・フィッ・フィッ...)が聞こえてきましたが、姿を見ることはできませんでした。

午後は龍ヶ崎のイトーヨーカ堂の裏手に広がる谷津田に移動しました。
ツグミが散歩の人を警戒することもなく、あちらこちらで採餌する様子が見られました。渡りに備えての栄養補給でしょうか。

モズ♀ 20100322T

谷津田のなかの畑ではモズのメスがオスに甘えて餌をおねだりする微笑ましいシーンも見られました。
時期的には珍しいのでしょうか、ジョウビタキのオスが見られました。

ベニマシコ♂ 20100322ET

観察の森では声しか聞けなかったベニマシコがここでは数多く見られました。オス1羽+メス3羽のグループや単独のオスなど広い谷津田の数箇所で観察することができました。どのオスも紅色が鮮やかになりつつあるようです。

ベニマシコ♂ 20100322KT
by 牛久とりの会  at 22:50 |  Murai |  comment (0)  |   |  page top ↑

ヤツガシラ@千葉県某所

2010/3/21日(日) 千葉県某所

100321ヤツガシラ1

未明の春の嵐のため牛久自然観察の森が臨時休園になり、定例探鳥会も中止になり、集まった会員で場所を変えて、臨時の探鳥会を行いました。
念願のヤツガシラに出会い、今日の嵐は私にとって神風でした。

100321ヤツガシラ3

毎日来ているおばあさんの話によると、昨日、一昨日ともカメラマンの方は 30名以上いたそうです。
多いときは 50名以上いたそうです。
今日私達が来たときは 8名前後でした。
by 牛久とりの会  at 22:40 |   |  comment (0)  |   |  page top ↑

カナダカモメ@銚子

2010/3/7(日)9:00~16:00 銚子~波崎 自主探鳥会(参加者3名) 小雨

ハジロカイツブリ、ミミカイツブリ、アカエリカイツブリ、カンムリカイツブリ、ウミウ、ヒメウ、ダイサギ、アオサギ、マガモ、カルガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、クロガモ、コオリガモ、オオバン、ユリカモメ、セグロカモメ、オオセグロカモメ、シロカモメ、ワシカモメ、ミツユビカモメ、カモメ、ウミネコ、ホイグリンカモメ、カナダカモメ、ウミスズメ、ハクセキレイ、ツグミ、スズメ、ムクドリ、ハシブトガラス
(道中)カワウ、トビ、チュウヒ、ドバト
計35種+1種

100307カナダカモメ1

雨はそれほどではありませんでしたが、風が強く、ほとんど車中からの観察でした。
海が荒れていた為港に多くの鳥たちが集まり、じっくり観察することができました。

100307カナダカモメ2

いつもはウミネコが主役なのですが、今日はかわいらしい(ただ)カモメがとても多く、第一回、第2回冬羽のウミネコとの比較ができました。(おかげで、私は今までカモメの若鳥もウミネコだと思っていたことが判明しました・・・)

100307カナダカモメ3

自分ではとても見分けられない、カナダカモメ(写真1、2、3。提供:nakamuraさん)、ホイグリンカモメ、ワシカモメ(写真4)なども教えていただき、とても勉強になりました。

100307ワシカモメ

(写真5 ミツユビカモメ↓)

100307ミツユビカモメ

コオリガモのオスをはっきり観察できたのと、一瞬ですが、港内の近いところで、ウミスズメ(写真6)も見ることができてうれしかったです。

100307ウミスズメ
 
by 牛久とりの会  at 23:20 |  kyara-mama |  comment (0)  |   |  page top ↑
プロフィール

Author:牛久とりの会
「牛久とりの会」は 牛久自然観察の森 の 野鳥ボランティアの会です。

最近の鳥だより
最近のコメント
過去の鳥だより
 
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
管理人へのメール
お名前、メールアドレス等は公開されません (管理人のみへ通知されます)。

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。