新緑

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by 牛久とりの会  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

スズメ@つくば

2010/8/30(月)18:00頃 つくば市

日没直後、暑さが少し引いて、まだ明るい空を塒にむかうカラスが西へひらひら飛んで行きます。
スズメが小さな群れで塒近くの木に集まって、まるでその日の出来事でも話しているかのようにチュンチュンにぎやかです。

キジバトが一羽、飛んできました・・・・・
と思ったら、突然、身をきゅっと引き締めてスピードを上げ、しゅっ!と方向転換、スズメの集合している木に突っ込みました!
猛禽、多分ツミです!
首尾はわかりませんでしたが、かなり薄暗い中でも狩をしているのには驚きました。
スズメの方は、飛び立ったのは一本の木にいたものだけで、周りでは、まだツミがいるにもかかわらず、何事もなかったようにおしゃべりが続いていました。

4日後、日没直前でしたが、やはり同じ場所でスズメに向かうツミを見かけました。
どうやら塒入りを狙っているようです。
今月中には渡って行ってしまうのでしょうが、体力づくりは順調のようです。
スポンサーサイト
by 牛久とりの会  at 21:00 |  kyara-mama |  comment (0)  |   |  page top ↑

ウズラシギ@稲敷

2010/8/22(日)9:00~14:00 休耕田のシギチ観察会(河内~旧新利根~旧桜川~旧東)

カイツブリ カワウ アマサギ ダイサギ チュウサギ コサギ アオサギ カルガモ ミサゴ トビ オオタカ コチドリ(100+) ムナグロ(50+) ケリ(J1) トウネン(20+) ヨーロッパトウネンの可能性(1) ヒバリシギ(5+) オジロトウネン(1) ウズラシギ(5+) エリマキシギ(5+) コアオアシシギ(10+) アオアシシギ(10+) クサシギ(3+) タカブシギ(50+) キアシシギ(10+) イソシギ(5+) タシギ(3+) オオジシギ(1+) セイタカシギ(2) ツバメチドリ(7) キジバト カワセミ ヒバリ ツバメ ハクセキレイ ヒヨドリ ウグイス セッカ ホオジロ カワラヒワ スズメ ムクドリ ハシボソガラス ハシブトガラス (ドバト)
以上44+1種(シギチ類は19種)

ウズラシギ

ここ数年、シギチの入りが遅いので、第1週を4週にずらして行いました。
結果的には、シギチ類19種類というのは自分としても今期最高で、いいタイミングの探鳥会だったと思います。
今年は長期に渡ってツバメチドリが見られたのと、ヒバリシギが多く見られたのが特徴だと思います。
9月になりましたが、まだ比較的多くのシギが観察されていますので、もう少し楽しめるかと思います。
今回は6人の参加でしたが、暑い中ご苦労様でした。
by 牛久とりの会  at 19:30 |  nakamura |  comment (0)  |   |  page top ↑

カワセミ@牛久自然観察の森

2010/8/15(日) 8:00~10:00 牛久自然観察の森(定例探鳥会)

ゴイサギ、ダイサギ、オオタカ、キジバト、カワセミ、コゲラ、ツバメ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、ウグイス(声)、セッカ、エナガ、ヤマガラ、シジュウカラ、メジロ、ホオジロ(声)、カワラヒワ(声)、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス 以上21種

気温が徐々に上がり、暑さの中での探鳥会になりました。

バッタの原でスズメ、ツバメを見た後、森に入りました。

カワセミの池の近くでは、メジロ、シジュウカラ、エナガ、コゲラ、ヤマガラの声が聞こえ、木々の間を飛び回るのが見られました。

コムラサキの池では、カワセミが飛んでいるのを見た人もいました。

十字路付近、垣根越しに見える電線に、2羽のツバメの幼鳥がとまっていて、親鳥がエサを運んでいました。

ビートルズトレイルでは、ダイサギが嘴を開けて喘いでいました。体温を下げるための様です。

また、上空を飛翔するオオタカが比較的長い時間見られ、参加者からは「初めてオオタカを見た」との嬉しそうな声も聞かれました。
by 牛久とりの会  at 20:20 |  t.hatsu |  comment (0)  |   |  page top ↑

チョウゲンボウ@西宮

2010/8/14(土)武庫川河川敷

スズメ、ムクドリ、ヒヨドリ、ドバト、キジバト、チョウゲンポウ、セグロセキレイ、カルガモ、カワウ、コサギ、チュウサギ、ダイサギ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、(セッカ?のような鳴き声)
(チュウサギとダイサギは適当に見ております)

4月下旬から、カワセミも産卵から抱卵に入り、また巣立ちした幼鳥が独り立ちするまではなかなか我々のおなじみの場所に現れてくれいないためか、または、今年は猛暑のためにカワセミも六甲山の山間部に移動してしまったためなのか、昨日までの3ヶ月間は会えませんでした。

昨日(8月13日)の午前中は、甲山森林公園でカワセミの若鳥に会えたのでほっとした感じです。
そのために、本日は、天候も急変する可能性もあったので、近い場所(武庫川河川敷)に鳥見に行きました。
いつもの場所ではカワセミには会えませんでしたが、コサギやチュウサギなどが沢山おりました。
その中で、河原で凛々しい猛禽類を見つけて撮影したものがチョウゲンポウの写真です。

chogenpo-20100814.jpg

おそらく、セキレイの幼鳥を狙っていたと思われます。
距離があったので、獲物を確認できませんでしたが、チョウゲンポウは獲物をゲットして、カラスの執拗な妨害をものともせず食事をしておりました。

連休中にはもう少し山間に入って鳥見をしようと思っております。
by 牛久とりの会  at 21:20 |  トルネードSAKAI |  comment (0)  |   |  page top ↑

シギチ+オオタカ@河内、稲敷

2010/8/13(金)10:00~12:30 利根、河内、稲敷

アオアシシギ、イソシギ、エリマキシギ、クサシギ(or タカブシギ?)、コアオアシシギ、コチドリ、タカブシギ、トウネン、ハマシギ、ムナグロ

シギチを求めて利根、河内、稲敷周辺の田圃を回ってみました。
農業政策の変更の影響か、利根町では一箇所も休耕田が見あたりません。
河内と稲敷の数少ない休耕田で下記のシギチが見られました。

アオアシシギ 20100813

稲敷の六角の休耕田ではオオタカの襲来がありました。
もちろんシギチはあわてて逃げますが、オオタカの狙いはカモだったようです。
写真はカモのデコイの傍らで呆然とするオオタカ(若)です。

オオタカ 20100813

この休耕田にはデコイがいくつか浮かべられており、どうやらこのオオタカくん、まだまだ修行が足りないようです。
少し水浴びした後、一口水を飲んで去って行きました。
by 牛久とりの会  at 20:00 |  Murai |  comment (0)  |   |  page top ↑
プロフィール

Author:牛久とりの会
「牛久とりの会」は 牛久自然観察の森 の 野鳥ボランティアの会です。

最近の鳥だより
最近のコメント
過去の鳥だより
 
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
管理人へのメール
お名前、メールアドレス等は公開されません (管理人のみへ通知されます)。

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。