新緑

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by 牛久とりの会  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

ジョウビタキ初認@取手

2010/10/31(日)10:30 取手市

自宅近くの住宅街でジョウビタキに会いました。
初認です。
昨年より3日遅いが平年並みでした。
スポンサーサイト
by 牛久とりの会  at 12:00 |   |  comment (0)  |   |  page top ↑

カケス@牛久自然観察の森

2010/10/17(日)9:00~11:00 牛久自然観察の森(定例探鳥会)

コガモ、ノスリ、キジバト、コゲラ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、モズ、キビタキ、エナガ、ヤマガラ、シジュウカラ、メジロ、カワラヒワ、スズメ、カケス、ハシボソガラス、ハシブトガラス コジュケイ(C)、ドバト、計18+2種

バッタの原で、ヤマガラがせっせとエゴの実をついばんでいました。
森の入り口では、頭上からにぎやかな混群の声が!
少し透けてきた木々の合間から、エナガ、メジロ、シジュウカラ、コゲラの姿を観察できました。

あちこちでカケスの声がしますが、森の中ではなかなか見ることができません。
あでやっと、飛んでいる姿を遠くに見ることができました。

池のコガモは、来たばかりなのでしょうか、葦の間にひっそり隠れていました。
コブナの流れでは、先頭のラッキーな何人かが、旅の途中のキビタキ♀を見ることができました。

ビートルトレイルでは、期待していたノビタキを見ることはできませんでしたが、ノスリが飛び、セキレイやカワラヒワに会えました。

今回は全体的に鳥の数が少ない感じがしましたが、来月には冬鳥も入り始め、もう少しにぎやかになることと思います。
by 牛久とりの会  at 20:30 |  kyara-mama |  comment (0)  |   |  page top ↑

アマツバメ@美浦

2010/10/12(火)11:00~12:30 美浦 小雨~曇り

(コジュケイ)、キジバト、アマツバメ、コゲラ、ショウドウツバメ、ヒヨドリ、モズ、エゾビタキ、エナガ、シジュウカラ、スズメ、カケス、ハシブトガラス、ハシボゾガラス
計13+1種

10月に入り、モズ、ヒヨドリ、カケスがにぎやかです。
あちこちで混群の声もしています。
先週3羽いたエゾビタキですが、今週は1羽だけでした。

エゾビタキ20101005

アマツバメ(5)+ショウドウツバメ(10+)が低く飛び回っていました。
アマツバメは9月末から付近で時々見かけています。

アマツバメ 20100929

ショウドウツバメ 20101001

そろそろジョウビタキなど、他の冬鳥も渡ってくるのではと楽しみです。

写真は、アマツバメ(9月29日)、ショウドウツバメ(10月1日)、エゾビタキ(10月5日)に撮影したものです。
by 牛久とりの会  at 23:50 |  kyara-mama |  comment (0)  |   |  page top ↑

アカエリヒレアシシギ@秋ヶ瀬公園

2010/10/11(月) 秋ヶ瀬公園、大久保農耕地、彩湖

カイツブリ、カワウ、ダイサギ、アオサギ、カルガモ、コガモ、トビ、チョウゲンボウ、オオバン、アカエリヒレアシシギ、ウミネコ、キジバト、アカゲラ、コゲラ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、モズ、キビタキ、エゾビタキ、コサメビタキ、エナガ、ヤマガラ、シジュウカラ、メジロ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス (以上30種)

秋の渡りの時期ということで、都市部ながら多様な環境がある秋ヶ瀬公園とその周辺へ行ってきました。
前日の雨のせいか、空気がとても澄んで、素晴らしい秋晴れの中、公園の森では、エゾビタキ、コサメビタキ、キビタキ♂♀などが観察されました。

101010キビタキ

特に、胸の縦斑に特徴のあるエゾビタキの個体数が多かったのは、例年にはない傾向でした。

101010エゾビタキ

また、公園内の池では渡り途中のアカエリヒレアシシギが1羽滞在中で、小さな体で水面に浮かんだ虫や植物などをしきりについばんでいました。
ただ、もう10日以上滞在しているとのことで、怪我をしているのではと心配されているようでした。
体力をつけて無事渡っていけると良いのですが。

101010アカエリヒレアシシギ

その他、森の中では、この時期のジョロウグモの糸が黄色いことを観察したり、イモムシの感触がひんやりしているなど知ることができて興味深かったです。

その後、渡ってきたカモなどを目当てに彩湖へ行ってみたのですが、観察場所が悪く、遠くにしか見られず残念でした。
それでも、近くにカイツブリの親子がいて、まだ幼い顔の若鳥を観察できました。
並んで浮かぶ親から餌のとりかたを教えてもらっていたのでしょうか。
キラキラ光る水面を仲良く満喫しているようにも見えました。
by 牛久とりの会  at 23:50 |  tanaka |  comment (0)  |   |  page top ↑

ノビタキ@牛久自然観察の森

2010/10/11(月)9:00~11:30 牛久自然観察の森

コゲラ、ヒバリ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、モズ、ノビタキ、キビタキ、エナガ、ヤマガラ、シジュウカラ、スズメ、カケス、ハシボソガラス、ハシブトガラス、計15種。

今日は朝から快晴です。
最初にキビタキの場所に行きましたが、カメラマンの方々が20数名見えていました。
1時間ほどでオスが3回ほど来ましたが前のほうに出てこない。
メスは4羽ほどが何回も前のほうまで出てきました。

101011キビタキF

その後前回見られなかった、ノビタキを探しに田んぼのほうに来ました。

101011ノビタキ

4羽が一所にいるところに出会いました。
ラッキーでした。

101011ノビタキ2
by 牛久とりの会  at 23:00 |   |  comment (0)  |   |  page top ↑
プロフィール

Author:牛久とりの会
「牛久とりの会」は 牛久自然観察の森 の 野鳥ボランティアの会です。

最近の鳥だより
最近のコメント
過去の鳥だより
 
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
管理人へのメール
お名前、メールアドレス等は公開されません (管理人のみへ通知されます)。

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。