新緑

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by 牛久とりの会  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

ツバメチドリ@稲敷

2012/8/26(日)8:30~13:00 河内‐竜ケ崎‐稲敷(自主探鳥会)晴れ

カイツブリ、カワウ、アマサギ、ダイサギ、チュウサギ、アオサギ、カルガモ、ミサゴ、トビ、チュウヒ、ハヤブサ、キジ(S)、バン、コチドリ、ムナグロ、トウネン、ヒバリシギ、エリマキシギ、タカブシギ、イソシギ、ソリハシシギ、タシギ、オオジシギ、ツバメチドリ、キジバト、ヒバリ、ショウドウツバメ、ツバメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、セッカ、ホオジロ、コジュリン、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、
以上計39種

毎年恒例のシギチ探鳥会。
今年は水の入った休耕田が少ないうえに、カラカラ天気で、水たまりも干上がってしまっている。
数少ないシギチを求めて、県南を回る。

ジシギのポイントでは、さすがに何羽かタシギ、オオジシギらしい姿を見ることができたが、すぐに草陰に入ってしまう。
コチドリやタカブシギも見え隠れしているのだが、じっくり観察できない。
場所を移動して、水の入った休耕田一枚で、ヒバリシギを観察。

IMG_1650 ヒバリシギ

ツバメチドリがいると聞いたので探すが見つからない。
その代わり、ツバメの中に数羽のショウドウツバメを見つけることができた。

ショウドウツバメ by nakamura img_293563_6571735_0
(photo by nakamuraさん)

IMG_1505 ツバメ

シギチを求めて移動中、上空を猛禽が通過。
ハヤブサだ。

ハヤブサ01 by Tanaka
(photo by tanakaさん)

水辺がないうえに猛禽が出たのでは当然シギチは見つからない。
さらに北の蓮田へ向かう。
目的地に着くと、サギは多いのだが、シギチの姿は見えない・・・
と思っていたら、畝に一羽のジシギが佇んでいる。
オオジシギか、それとも?

ジシギsp01 by Tanaka
(photo by tanakaさん)

さらに、昨年までは全くシギチの入っていなかった大きめの水たまりに寄ってみると、ゆらゆら立ち上る陽炎の中に、コチドリ、ムナグロ、ヒバリシギ、ソリハシシギ、エリマキシギがいた。
そしてなんと、座り込んでいる一羽のツバメチドリも! 

ツバメチドリ 20120826
(photo by Muraiさん)

すぐそばをチュウヒが舞い、遠くに飛ぶミサゴの姿も見ることができた。
終わってみれば40種近くの鳥を観察でき、楽しい探鳥会だった。
スポンサーサイト
by 牛久とりの会  at 23:50 |  kyara-mama |  comment (0)  |   |  page top ↑

アオサギ@牛久自然観察の森

2012/8/19(日) 定例探鳥会

アマサギ、ダイサギ、チュウサギ、アオサギ、カルガモ、オオタカ、キジバト、ヒバリ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、セッカ、シジュウカラ、ホオジロ、スズメ、ハシブトガラス(計16種)

バッタ野原ではオオタカがお出迎え。

オオタカ(定例)01

長時間2羽で旋回していてゆっくり観察できました。
まるで兄弟のようにじゃれあっていました。

今日は暑くなりそうなので先にビートルズトレイルをまわることに。

ビートルズトレイルではセッカがないていました。
また、最後尾のメンバーですが、サシバを見ることができました。

帰り道では昆虫類をいろいろ見つけて楽しみました。

池では残念ながらカワセミは見れませんでしたが、のんびりしているアオサギを見ることができました。

アオサギ01s

猛暑の中、皆さんお疲れ様でした。
次回は秋の訪れを楽しめたらいいですね。
by 牛久とりの会  at 22:20 |  tanaka |  comment (0)  |   |  page top ↑
プロフィール

Author:牛久とりの会
「牛久とりの会」は 牛久自然観察の森 の 野鳥ボランティアの会です。

最近の鳥だより
最近のコメント
過去の鳥だより
 
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
管理人へのメール
お名前、メールアドレス等は公開されません (管理人のみへ通知されます)。

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。