新緑

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by 牛久とりの会  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

カヤクグリ@県南の里山

2012/12/16(日)13:00~15:00 県南の里山 晴れ

アオサギ、マガモ、カルガモ、コガモ、トビ、コジュケイ、カワセミ、アカゲラ、コゲラ、ヒヨドリ、モズ、カヤクグリ、ルリビタキ、ジョウビタキ、シロハラ、ウグイス、キクイタダキ、エナガ、ヒガラ、ヤマガラ、シジュウカラ、メジロ、ホオジロ、カシラダカ、アオジ、クロジ、カワラヒワ、マヒワ、ベニマシコ、ウソ、シメ、ハシボソガラス、ハシブトガラス
(計33種)

定例探鳥会のあと、ゲストを含む9名で里山公園へ。

いつもは猛禽がたくさん出てくるのだが、今日はトビのみ。

ただ、アオジよりカヤクグリの方を沢山見かけるという、なんとも珍しい状況だった。

カヤクグリ 20121216

ウソはあちこちで姿を見せてくれたが、メスばかりのように見えた。

ウソ 20121216B

(写真提供:Muraiさん)
スポンサーサイト
by 牛久とりの会  at 23:10 |  kyara-mama |  comment (0)  |   |  page top ↑

ウソ@牛久自然観察の森

2012/12/16(日)9:00~11:00 牛久自然観察の森(定例探鳥会)晴れ

カワウ、ハイタカ、コジュケイ、キジバト、カワセミ、アカゲラ、コゲラ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、タヒバリ、ヒヨドリ、モズ、ルリビタキ、ジョウビタキ、シロハラ、ツグミ、ウグイス、エナガ、ヒガラ、ヤマガラ、シジュウカラ、メジロ、アオジ、カワラヒワ、ウソ、シメ、スズメ、カケス、ハシボソガラス、ハシブトガラス
(計30種)

バッタの原では、シジュウカラやメジロが元気に飛び回り、藪の陰では、ジャッジャッ、ジュッジュジュ、ヒッヒッと、ウグイス、シロハラ、ルリビタキが鳴いていた。

ルリビタキ20121216牛久02

コムラサキの丘では、エナガ、シジュウカラ、ヒガラ、メジロ、ヤマガラ、コゲラからなる大混群に遭遇。
どんどん近くに寄ってきて、賑やかにそばを通り過ぎていった。
また、ウソも姿を見せてくれた。

ウソ20121216牛久02

観察舎では、メジロがマメガキを食べに来ていた。

参加者の方の「あれはなんでしょう?」の声に上を見上げると、はるか上空を一羽の猛禽が!
飛び方と形から、ハイタカであろうということになった。

ハイタカ20121216牛久01

ビートルズトレイルには、カワラヒワの大集団がいた。

今回は予想通り、多くの冬鳥が観察でき、とても楽しい探鳥会であった。
今シーズンは冬鳥が賑やかなので、次回も楽しみである。

(写真提供:tanakaさん)
by 牛久とりの会  at 23:00 |  kyara-mama |  comment (0)  |   |  page top ↑

ハジロカイツブリ@涸沼

2012/12/2(日)8:40~16:10
涸沼(茨城県茨城町~大洗町)、大洗港、平磯海岸、涸沼自然公園

カイツブリ ハジロカイツブリ カンムリカイツブリ カワウ ウミウ ヒメウ ダイサギ コサギ アオサギ  マガモ カルガモ コガモ トモエガモ オカヨシガモ ヒドリガモ オナガガモ ハシビロガモ ホシハジロ キンクロハジロ スズガモ シノリガモ ホオジロガモ ミサゴ トビ ノスリ ハヤブサ オオバン タゲリ イソシギ ユリカモメ ウミネコ セグロカモメ オオセグロカモメ 亜種タイミルセグロカモメ キジバト  アカゲラ コゲラ ヒバリ キセキレイ ハクセキレイ セグロセキレイ タヒバリ ヒヨドリ モズ ジョウビタキ イソヒヨドリ シロハラ ツグミ ウグイス キクイタダキ エナガ ヒガラ ヤマガラ シジュウカラ メジロ ホオジロ アオジ カワラヒワ ウソ シメ スズメ ムクドリ ハシボソガラス ハシブトガラス  (コクチョウ) (ドバト)
以上64+2種

IMG_0057-1_R.jpg

IMG_0099-1_R.jpg

涸沼の主なスポット3箇所と、涸沼自然公園、大洗海岸から平磯海岸と、盛りだくさんの探鳥を楽しみました。
今回は、ちょっと少な目の4人です。

涸沼のカモ類は、まだそれほどの数ではありませんでしたが、主なカモ類は大体そろっていました。
ここでのホオジロガモは毎回まとまった群れが見られますが、いつも遠いので撮影は困難でした。
トモエガモは♂2羽が観察できましたが、ここで見られたのは珍しいと思います。
猛禽類はあまり出なかったのが意外でした。

大洗はさほどではありませんでしたが、平磯海岸では、ここの名物シノリガモがかなりの数でした。
距離も近かったのがよかったと思います。

午後から涸沼自然公園。
今年よく見られる冬鳥たちは大体観察できましたが、時間的に夕方になってしまったので早めに撤収しました。

今年の冬鳥は順調で、今回のコースでも64種類はなかなかの記録と思いますが、なぜかカワセミが現れませんでした。

常連のチュウヒやチョウゲンボウも現れずじまいでした。
それでもこれだけの種類が見られるのは、さすがというフィールドだと思いました。
by 牛久とりの会  at 22:10 |  nakamura |  comment (0)  |   |  page top ↑
プロフィール

Author:牛久とりの会
「牛久とりの会」は 牛久自然観察の森 の 野鳥ボランティアの会です。

最近の鳥だより
最近のコメント
過去の鳥だより
 
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
管理人へのメール
お名前、メールアドレス等は公開されません (管理人のみへ通知されます)。

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。