新緑

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by 牛久とりの会  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

マヒワ@稲敷方面

2013/3/17(日)13:30~17:00 稲敷方面 晴

カンムリカイツブリ、カワウ、ダイサギ、アオサギ、コブハクチョウ、コハクチョウ、マガモ、カルガモ、コガモ、ヒドリガモ、スズガモ、ミサゴ、トビ、ノスリ、キジ、コジュケイ(c)、バン、オオバン、タゲリ、ハマシギ、イソシギ、タシギ、ユリカモメ、カモメ、セグロカモメ、キジバト、カワセミ、コゲラ、ヒバリ、ハクセキレイ、タヒバリ、ヒヨドリ、ジョウビタキ、ツグミ、ウグイス(s)、キクイタダキ、エナガ、ヒガラ、シジュウカラ、メジロ、ホオジロ、アオジ、オオジュリン、カワラヒワ、マヒワ、シメ、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、(ドバト)
計50+1種

定例探鳥会のあと、そろそろシギチが入っていないかと、稲敷方面へ。
残念ながら、タシギ、イソシギのほかは、負傷で移動できないらしいハマシギがいたのみ。

IMG_0254_R.jpg

北に旅立ち損ねたのだろうか、コハクチョウの若が1羽、コブハクチョウと一緒にいた。

まだまだ冬鳥が多く、黄緑に美しいアオジやマヒワ、松の間をせわしなく飛び回る、ヒガラやキクイタダキに会うことが出来た。

IMG_0401_R.jpg

IMG_0518_R.jpg

ウグイスがたどたどしく囀り始め、カンムリカイツブリはかなり夏羽に変わってきている。
カモたちの賑やかな声とも、もうすぐお別れだろう。

(photo by nakamuraさん)
スポンサーサイト
by 牛久とりの会  at 20:40 |  kyara-mama |  comment (0)  |   |  page top ↑

シロハラ@牛久自然観察の森

2013/3/17(日) 牛久自然観察の森

キジ コジュケイ キジバト カワウ トビ オオタカ コゲラ ハシボソガラス ハシブトガラス キクイタダキ ヤマガラ シジュウカラ ヒバリ ツバメ ヒヨドリ ウグイス エナガ ミソサザイ メジロ ムクドリ シロハラ ツグミ ジョウビタキ スズメ ハクセキレイ タヒバリ アトリ カワラヒワ シメ ホオジロ アオジ
以上31種

17日は天気も良く暖かかった。
原っぱのあたりで、冬鳥のシロハラ、ジョウビタキの姿が見られた。

シロハラ20130317牛久01_001

ジョウビタキなどは、来月は見られるかわからないので、今回ちゃんと見られてよかった。
ウグイスも囀っていて賑やか。

ネイチャーセンターから森に入ってすぐのあたりで、キクイタダキ。
今年はキクイタダキが多いと思う。

コムラサキの池の少し先で、垂れ下がった枝にぶら下がる2羽のエナガの姿が。
巣の材料になる蜘蛛の巣を取っているのでは、とKさん。
エナガが飛び去ってから見てみると確かに蜘蛛の巣があった。
それを観察できた人の中にカメラを持っている人が居なかったのが残念。
もし持っていれば、いい写真が撮れたと思う。

ビートルズトレイルで賑やかに鳴くヒバリや空を舞うツバメ。
季節が変わりつつあることを感じた。

オオタカとカラス20130317牛久01_001

(Photo by tanakaさん)
by 牛久とりの会  at 18:50 |  Saki |  comment (0)  |   |  page top ↑

シロカモメ@銚子

2013/3/3(日)9:30~16:30 銚子、波崎

カイツブリ、ハジロカイツブリ、ミミカイツブリ、アカエリカイツブリ、カンムリカイツブリ、ウミウ、ヒメウ、ダイサギ、コサギ、クロサギ、アオサギ、マガモ、カルガモ、コガモ、オカヨシガモ、ヒドリガモ、キンクロハジロ、スズガモ、シノリガモ、ウミアイサ、トビ、イソシギ、ユリカモメ、ミツユビカモメ、カモメ、ウミネコ、セグロカモメ、オオセグロカモメ、ワシカモメ、シロカモメ、ホイグリンカモメ(タイミルセグロカモメ)、カナダカモメ、キジバト、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、モズ、ジョウビタキ、イソヒヨドリ、アカハラ、ツグミ、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ドバト
合計46+1種類

カモメの識別は難しいので毎回苦手意識が強いのですが、今回も先生役のNさんの丁寧な説明と、そのお弟子さんのSさんの頑張りのおかげでとても楽しめました。

印象的な識別ポイントの覚え書きです。

シロカモメは成鳥、若共に、風切羽と尾羽が白いこと。成鳥の背の色が薄~いグレー。

シロカモメ20130303銚子03

カナダカモメは比較的脚が短い、風切羽の黒い色が若干薄い、風切羽の裏面が白い。

カナダカモメとセグロカモメ20130303銚子01

タイミルセグロカモメの脚の色は黄色がかったピンク色(オレンジ色?)。
首の後ろに黒斑が多め。

ホイグリン20130303銚子01


ワシカモメは全体的にのっぺりした模様(?)

オオセグロカモメの若とセグロカモメの若の識別は、風切羽を見る。
オオセグロカモメの若は色が薄めで羽縁が白っぽい。
セグロカモメの若は色が薄めで羽縁が無いかあっても少し。

記憶に間違いがあったらすみません。

寒い中の探鳥会&運転手さんお疲れ様でした。

来月も銚子でカモメ観察の予定です。
忘れないうちにもう一度カモメの識別にトライですね!
by 牛久とりの会  at 22:40 |  tanaka |  comment (0)  |   |  page top ↑
プロフィール

Author:牛久とりの会
「牛久とりの会」は 牛久自然観察の森 の 野鳥ボランティアの会です。

最近の鳥だより
最近のコメント
過去の鳥だより
 
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
管理人へのメール
お名前、メールアドレス等は公開されません (管理人のみへ通知されます)。

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。