新緑

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by 牛久とりの会  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

オシドリ@牛久自然観察の森

2013/4/29(月)14:30~16:00 牛久自然観察の森

セグロセキレイ、カワセミ、シジュウカラ、ヒヨドリ、キジ♂、オシドリ♂、アマサギ、チュウサギ、アオサギ、カルガモ、ハシブトカラス
以上11種

初夏を思わせる陽気に誘われ、数ヶ月ぶりに森に出かけた。

ビートルストレイル沿いの水田には水が引かれ、ところどころでトラクターが「しろかき」をしている長閑な光景が広がる。
トラクターの後を追うようにして、サギたちが餌を漁っていた。
カメラを持って近づくと逃げるが、農家の人だと逃げない。
サギたちは、閑人と働く人の区別が出来るようだ。

おかげでアマサギ(写真-1)、

アマサギ2-Trim-N

チュウサギ(写真-2)、

チュウサギTrim-N

アオサギ(写真-3)

アオサギTrim-N

をまとめて見ることが出来た。

チュウサギには少し飾り羽が出ている。
アオサギ以外は、トラクターの直ぐ傍に付いて歩く。

裏門から森にはいると、カッパ沼でオシドリ♂(写真-4,5)

オシドリ1-Trim-N

オシドリ背Trim-N

が倒木の上にいた。
久しぶりの対面。
昨年はドングリの実りが豊かだったことを知る。
オシドリの羽色は、少しくすみ始めている。
換羽が始まりを告げているようだ。

カワセミの声を聞いたのでコムラサキの池をのぞいたら、カルガモがペアで(写真-6)

カルガモTrim-N

遊泳していた。

ゴールデンウイークの森は、シャガ、キンラン、ハナイカダ、エビネラン、イチリンソウ、オドリコソウなど季節の花が楽しめた。
体調も良くなる気がする。
スポンサーサイト
by 牛久とりの会  at 19:50 |  Nomura |  comment (0)  |   |  page top ↑

ハイイロヒレアシシギ@銚子

2013/4/7(日)7:30~17:00 車中、銚子、波崎、稲敷

カイツブリ、ハジロカイツブリ、アカエリカイツブリ、カンムリカイツブリ、カワウ、ウミウ、ヒメウ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、クロサギ、アオサギ、マガモ、カルガモ、コガモ、オカヨシガモ、ヒドリガモ、ハシビロガモ、キンクロハジロ、スズガモ、トビ、チュウヒ、ハヤブサ、チョウゲンボウ、キジ、オオバン、セイタカシギ、ハイイロヒレアシシギ、ユリカモメ、カモメ、ウミネコ、セグロカモメ、オオセグロカモメ、ワシカモメ、シロカモメ、ホイグリンカモメ、キジバト、ヒバリ、ツバメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、イソヒヨドリ、ツグミ、ウグイス(s)、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ドバト
…合計49+1種類

この週末は、春の嵐により、前日から台風並みの大荒れ。
銚子の探鳥会もお休みかと残念がっていたら決行との連絡が。

銚子の天気予報は朝から晴れ、ただし強風。
この様なお天気だと、もしかすると珍しい鳥が来ている可能性もあるのです。

現地に着くとやはり強風、海面は大荒れ。
ほとんど車中からの鳥見になりました。
ある意味運転手さんを除くメンバーは楽チン探鳥です。

波間に浮かぶ珍しそうな鳥を探します。
小さな鳥がいました。
良く見るとそれはハイイロヒレアシシギ。

ハイイロヒレアシシギ20130407銚子01

カメラの画像を拡大すると、くちばしの付け根が黄色いです。

ハイイロヒレアシシギ20130407銚子02

カモメは先月より数が少なくなっていましたが、各々先月覚えた識別ポイントを思い出して楽しみました。

今回は先月よりカイツブリ系が多く見られました。

カンムリカイツブリ20130407銚子01

特に、目が真っ赤で耳の飾り羽が金色のハジロカイツブリ、普段は数が少なめのアカエリカイツブリが何度も観察できて嬉しかったです。

ハジロカイツブリ20130407銚子01

お昼に美味しいお魚料理で満腹になったら、いつの間にか運転手さんを除く全員が睡魔に襲われ車中午睡タイムと化していた時間がありました(笑)
運転手さん、ありがとうございました。

帰り道、綺麗な虹を見てお開き。
素敵な一日になりました。
by 牛久とりの会  at 17:30 |  tanaka |  comment (0)  |   |  page top ↑

サシバ@県南の里山

2013/4/4(木) 県南の里山 晴

強い南風の吹いた次の日、県南を回った。
数はかなり減ったが、カモ類を始め、まだ冬鳥が残っている。

頭が黒くなってきたユリカモメ、オオジュリン、カシラダカ。
色合いがくっきりしてきたツグミ、タヒバリ、ビンズイ。
アオジやルリビタキにも会うことができた。
ウグイス、メジロ、ホオジロが囀り、空ではヒバリやツバメが賑やかだ。

突然、「ピ、クイーッ」と懐かしい声が聞こえてきた。
2羽のサシバが仲良く木立の間を飛び回っている。

IMG_4601サシバs

どうやら今年も、どこかで子育てしてくれそうである。
by 牛久とりの会  at 19:00 |  kyara-mama |  comment (0)  |   |  page top ↑
プロフィール

Author:牛久とりの会
「牛久とりの会」は 牛久自然観察の森 の 野鳥ボランティアの会です。

最近の鳥だより
最近のコメント
過去の鳥だより
 
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
管理人へのメール
お名前、メールアドレス等は公開されません (管理人のみへ通知されます)。

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。