新緑

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by 牛久とりの会  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

カワセミ@牛久自然観察の森

2014/5/18(日) 9:00~11:00 牛久自然観察の森 快晴
定例探鳥会

キジc、コジュケイc、カルガモ、キジバト、チュウサギ、ホトトギスc、カワセミ、コゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒバリ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイスc、エナガ、メジロc、ムクドリ、スズメ、カワラヒワ、ホオジロ
 (cは声のみ)
合計22種

五月晴れに新緑の美しい中での探鳥会。

はじめにバッタの原で美声を披露してくれたのはホオジロ。
空にはツバメが飛び交う。

池ではカワセミが大サービス。

カワセミ@20140518牛久001

カメラマンさんたちの協力も得て、じっくり観察することができた。

葉が茂り始め、森では小鳥のさえずりは聞こえるがなかなか姿が見えない。
チィチィと賑やかな声を頼りに探すと、エナガの集団が見え隠れ。

エナガ@20140518牛久003

どうやら巣立ち雛を連れたファミリーのようだ。

Hレンジャーがフクロウの羽を見つける。
連休中に巣立ったフクロウは元気にしているだろうか。

ビートルズトレイルでは、チュウサギ3羽が飾り羽を披露してくれた。

チュウサギ@20140518牛久001

遠くからかすかにホトトギスの声が聞こえた。

今回は残念ながらキビタキに会えなかった。
来月に期待である。

最後にヤマガラが姿を見せてくれた。

ヤマガラ@20140518牛久001

※写真はすべて tanakaさん撮影
スポンサーサイト
by 牛久とりの会  at 20:40 |  kyara-mama |  comment (0)  |   |  page top ↑

オオジシギ@奥日光

2014/5/11(日) 9:00~17:00 奥日光 快晴
自主探鳥会

ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、コガモ、キンクロハジロ、キジバト、カワウ、ツツドリ、オオジシギ、トビ、コゲラ、アカゲラ、サンショウクイ、モズ、カケス、ハシボソガラス、ハシブトガラス、コガラ、ヒガラ、シジュウカラ、ツバメ、イワツバメ、ウグイス、エナガ、メボソムシクイ、エゾムシクイ、センダイムシクイ、ゴジュウカラ、キバシリ、ミソサザイ、カワガラス、アカハラ、ルリビタキ、ノビタキ、コサメビタキ、キビタキ、オオルリ、ニュウナイスズメ、スズメ、キセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ホオアカ、アオジ
合計45種

その他: ホンドテン、ニホンザル

最高のバードウォッチング日和。
現地でゲスト2人と合流し8名で湯本を出発し戦場ヶ原を通り赤沼へ至るコースを歩く。
あたりにはところどころ雪が残っており、木々の芽吹きもまだである。
鳥の姿はよく見えるはずだが、夏鳥の飛来はどうだろうか?

まず駐車場で迎えてくれたのは3羽のルリビタキ。
メスにオス2羽がアピール中なのだろうか。
かわいいさえずりも聞くことができた。

ちゅくちゅく飛び回るイワツバメを見ている我々の脇を軽やかに駆け抜けていったのはミニチュアダックス?
…ではなくホンドテン。

IMG_7827 honndotenn

まだ冬毛である。

周辺を回るとヒガラのさえずりが聞こえてくる。
コガラも食事に夢中で、すぐ近くまで来てくれる。

頭の上ではヒッツーキーとエゾムシクイ。

エゾムシクイ 20140511 (2) by Murai
(Photo by Muraiさん)

こんなにはっきり姿を見るのは初めてだ。
センダイムシクイと違い下尾筒まで白い。

湖畔で首から胸がほんのり若草色の美しい小鳥を見つける。
なんの鳥だろうと首をひねっていると、くるっと横を向く…
ニュウナイスズメのメスだ。

IMG_7961 ニュウナイスズメ メスsml

どうやら花粉が付いているらしい。
同じ木にオスもいて、せっせと若芽を食べていた。

IMG_8137 ニュウナイスズメ オスsml

湯滝から戦場ヶ原まで、縄張り宣言真っ最中のキビタキ、ミソサザイが盛んに鳴いていた。

IMG_8163 キビタキ

IMG_8246 ミソサザイ

流れの暗がりで一羽のカワガラスがのんびり羽繕いをしていた。

ここでゲストのUさんがキバシリを発見!

キバシリ 20140511 (2) by Murai
(Photo by Muraiさん)

見られなかったメンバーから羨望のまなざしを向けられたのは勿論である。

川辺でコガモ、ヒドリガモを見ていると、のしのし歩いて来たのはヨシガモ♂である。
霞ケ浦では珍しくないカモだが、山の中で会うと不思議な感じがする。

戦場ヶ原ではノビタキとオオジシギをゆっくり観察することができた。

IMG_8756 ノビタキ

IMG_8887 オオジシギsml

陽の高い時間帯なので、オオジシギは草むらの中である。
ジェー、ズズビャークという声を頼りに探すと、一羽が見え隠れしながらどんどん近付いて来る。
歩き出すとなかなか早い。
時々立ち止まって大声をあげる。
出所が遠くにも近くにも感じる不思議な声である。

半月山に足を延ばす。
見下ろすと木々の間にアカヤシオの花が美しい。
トケン類にはまだ早いのかなと話していると、遠くからポポ、ポポ、とツツドリの声が!

鳥合わせをして、オオルリが出なかったね~と言っていると、最後の最後にオオルリのさえずりが!
鳥も景色も楽しめた一日だった。

最後に、長距離運転してくださったM、N両氏に御礼申し上げます。
by 牛久とりの会  at 22:30 |  kyara-mama |  comment (0)  |   |  page top ↑
プロフィール

Author:牛久とりの会
「牛久とりの会」は 牛久自然観察の森 の 野鳥ボランティアの会です。

最近の鳥だより
最近のコメント
過去の鳥だより
 
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
管理人へのメール
お名前、メールアドレス等は公開されません (管理人のみへ通知されます)。

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。