新緑

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by 牛久とりの会  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

亜種オオカワラヒワ@小文間

2014/11/9(日) 7:40~12:15 小文間(自主研修探鳥会)

コジュケイ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、スズガモ、カイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、オオタカ、ノスリ、コゲラ、アカゲラ、チョウゲンボウ、モズ、カケス、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、メジロ、シロハラ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ(オオカワラヒワ含む)、ベニマシコ、シメ、ホオジロ、アオジ、オオジュリン、(ドバト)
以上36+1種

どんよりとした曇り空。
前月の自主研修探鳥会は雨で流れていたため、なんとかもってもらいたいところ。
4名の参加者で、小貝川と利根川の合流部の土手からスタート。
天気予報はくもりのち雨。

土手からサイクリングロードに下り利根川の上流へと進む。
上空や川沿いの藪には、多くの野鳥たちが飛び回っている。
久しぶりの小文間は期待できそうだ。

川面を見るとスズガモが2羽ゆるやかな流れに逆らい浮かんでいる。
渡りの途中なのか、あるいは今シーズンはこの周辺で過ごしてくれるのだろうか。

スズガモ

空を見上げるとカラスの群れが入り乱れて飛んでいる。
よく見るとカラスよりも二回りほど小さいチョウゲンボウが、2羽モビングされ逃げ惑っている。
例えるならハイエナの群れに追われるチーターのよう?

チョウゲンボウ

サイクリングロードの両側は背の高い枯れすすきや萱に覆われ、小鳥の影が見え隠れする。
時折アオジが行く手の舗装路上に舞い降りて餌をついばんだり、ホオジロが細枝の天辺で囀ったりしている。

アオジ

ホオジロ

冬の使者ともいえるツグミたちも、そろそろ到着しはじめている。
枯れ枝に群れでとまっているかと思うと、大空を舞いまた離れた枯れ木に忙しなく移動する。
まだ、長旅の興奮が冷めやらぬ様子。
そんな群れのなか何故かアカゲラも1羽飛ぶ。

ツグミほどの数ではないが、シメの姿もそこここで見られる。
今シーズン初認。
顎の黒いワンポイントが印象に残る。

シメ

ポツリポツリと雨が降り始める。
予想していたとはいえ、やはり残念な状況。
みるみる雨脚も強まり、折りたたみ傘が雨粒を弾く。
野鳥たちの姿もパタリと遠のく。

しばらく辛抱の時間を過ごしたのち、雨雲も薄れ探鳥を再開。
ツグミとともにカワラヒワの群れが目立つ。
風切羽の白色部の幅が広く、亜種カワラヒワよりもやや大きめの亜種オオカワラヒワの群れも混じる。

オオカワラヒワ

天気も回復し濡れた傘が乾いたころ、藤代の定例探鳥会メンバーと遭遇。
情報交換後、しばし遠くのアンテナにとまるオオタカの観察をともに楽しんだ。

帰路上空をカモの群れが通過する。
逆光で種類の判定は困難だったが冬鳥シーズンの到来を感じさせてくれた。

カモ
 
スポンサーサイト
テーマ: バードウォッチング -  ジャンル: 趣味・実用
by 牛久とりの会  at 19:50 |  Murai |  comment (0)  |   |  page top ↑
プロフィール

牛久とりの会

Author:牛久とりの会
「牛久とりの会」は 牛久自然観察の森 の 野鳥ボランティアの会です。

最近の鳥だより
最近のコメント
過去の鳥だより
 
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
管理人へのメール
お名前、メールアドレス等は公開されません (管理人のみへ通知されます)。

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。