新緑

ミサゴ@牛久自然観察の森

2008/1/20(日)9:00~11:30 牛久自然観察の森(定例探鳥会)
カワウ コガモ(♂7 ♀5) キジバト コゲラ ミサゴ ハヤブサ セグロセキレイ(C) ヒヨドリ モズ ルリビタキ(♂3W?) ジョウビタキ(♂♀) シロハラ ツグミ ウグイス(C) エナガ シジュウカラ メジロ ホオジロ カシラダカ アオジ(C) カワラヒワ マヒワ シメ スズメ ムクドリ カケス ハシボソガラス ハシブトガラス
以上28種

モズ

池には厚く氷がはるという気温の低い日でしたが、ときおり日も差し、風もなく、穏やかでバードウォッチングには良い状況だったのではないでしょうか。
さすがにあの氷ではカワセミは出てくれませんでしたが、この時期としては、まずまずの種類が観察されたのではないかと思います。

ジョウビタキとメジロ

じっくり観察できた種類も多かったですし。(一番サービスの良かったのは、ジョウビタキの♀でしたね)
あとは、猛禽がオオタカやノスリでなく、ミサゴにハヤブサというのはちょっと珍しいことかもしれません。
来月は赤い鳥も出てくれるといいですね。

シメ

なお、午後は、園内のシジュウカラ用巣箱のかけかえを行いました。
これまでのが老朽化したため、今年は新品にとりかえです。
昨春の巣箱の利用率は4割程度と一昨年の9割ほどからみると少ない結果でしたが、設置場所による利用率の偏りが大きく、なにか特別な理由があったのでしょうかね。
今年は新品の巣箱となって、利用率はどうなるでしょうか。
また来年のこの時期までのお楽しみです。
(by tanaka)

----------
寒い中、多くの参加者がありました。28種類はまずまずの記録です。
ミサゴ、ハヤブサはここでの探鳥会では恐らく初の確認。
今年はルリビタキが多いようです。別にキクイタダキとトラツグミの報告がありました。

午後からシジュウカラの巣箱架け替え。
全体で17箇所のうち、巣として利用されたもの7箇所でした。
去年よりは利用率が下がりましたが、4割強はまずまずの成績だと思います。
その間に確認したもの
オオタカ カワセミ ハクセキレイ
カワセミはありえないほどいい条件で見られました。
イベントのため、こういうときに限って誰もカメラを持っていませんでした。
(by nakamura)
by 牛久とりの会  at 23:10 |  tanaka |  comment (0)  |   |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

牛久とりの会

Author:牛久とりの会
「牛久とりの会」は 牛久自然観察の森 の 野鳥ボランティアの会です。

最近の鳥だより
最近のコメント
過去の鳥だより
 
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
管理人へのメール
お名前、メールアドレス等は公開されません (管理人のみへ通知されます)。

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

RSSフィード
リンク