新緑

ミコアイサ@井頭公園

2010/2/14(日)10:30~15:00 井頭公園(栃木県真岡市)

カワウ、アオサギ、マガモ、カルガモ、コガモ、オナガガモ、ミコアイサ、クイナ、キジバト、カワセミ、コゲラ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、モズ、ルリビアキ、ジョウビタキ、シロハラ、ツグミ、エナガ、ヤマガラ、シジュウカラ、アオジ、アトリ、カワラヒワ、ベニマシコ、シメ、スズメ、カケス、ハシボソガラス、(ソウシチョウ)
以上29+1種


残雪のなか井頭公園で一人のんびり探鳥をしてきました。
鳥見亭前の池ではミコアイサのオス(1)とメス(3)が仲良く潜水を繰り返していました。

ミコアイサ♂♀ 20100214

その後、反時計回りに池を周回するコースを進みましたが、いつもと池の様子が違います。
運悪く池の護岸工事と木道の改修工事が重なり、池の水もほとんど抜かれている状態です。
そんななか、水たまりで容易に小魚が獲れるようで、ところどころでカワセミダイブを見ることができました。

カワセミ♀ 20100214A

カワセミ♂ 20100214B

ルリビタキは池の東側の遊歩道沿いでオス、メス確認できましたが、オスの方が警戒心が弱いようで、付かず離れずの距離を保って暫く道先案内をしてくれました。

ルリビタキ♀ 20100214AT

ルリビタキ♂ 20100214

野鳥の森では、一羽のアトリが目の前に舞い降りてきて落ち葉の中で採餌していました。
昨シーズンはあちこちでアトリの群れを見ることができましたが、今シーズンはこれが初見です。

アトリ 20100214

池の西側の釣り堀の裏では、ソウシチョウの群れを狙って多くのカメラマンが集まっていました。
餌付けされ人慣れしてしまっている外来種に多少哀れみを感じましたが、日本の野鳥にはない美しさがあるのは否定できません。

ソウシチョウ 20100214H

工事完了までしばらく時間がかかりそうなので、次に行くのは来シーズンにしようかと思います。
by 牛久とりの会  at 22:00 |  Murai |  comment (0)  |   |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

牛久とりの会

Author:牛久とりの会
「牛久とりの会」は 牛久自然観察の森 の 野鳥ボランティアの会です。

最近の鳥だより
最近のコメント
過去の鳥だより
 
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
管理人へのメール
お名前、メールアドレス等は公開されません (管理人のみへ通知されます)。

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

RSSフィード
リンク