新緑

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by 牛久とりの会  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

トラツグミ@牛久自然観察の森

2011/1/16(日)9:30~11:30 牛久自然観察の森

アオサギ、コガモ、オオタカ、ノスリ、(コジュケイ)、キジバト、コゲラ、ヒバリ、ハクセキレイ、タヒバリ、ヒヨドリ、モズ、ルリビタキ(♂)、ジョウビタキ(♀)、トラツグミ、シロハラ、ツグミ、ウグイス(c)、エナガ、ヒガラ、ヤマガラ、シジュウカラ、メジロ、ホオジロ、カシラダカ、アオジ、カワラヒワ(大)、マヒワ(c)、シメ、スズメ、カケス(c)、ハシボソガラス、ハシブトガラス 以上32種+1

数センチの初雪、白一面に、所どころ枯葉が露出する箇所がある程度。
風が冷気を運ぶ。
開始時刻を30分遅らせたが、参加者は11名と少ない。

バッタの原上空をオオタカが横切る。
近くの枝のジョウビタキを、ヒヨドリが追う(写真-1)。

110116_ヒヨドリ-3

林間に入ると、梢近くで小鳥の混群に出会う。
群れの中からヒガラ、マヒワの声を識別したメンバーがいた。

コムラサキの池のコガモは、葦の中に隠れ、散見できるのみ。
カッパ沼の出口付近で、先導の2人がトラツグミを視認。
デジスコを構えているうちに茂みへ消えた。
雪があると、トラツグミも見やすい。

ビートルズトレイルでは、ノスリの飛翔を堪能できた。
主翼を軽く上方に曲げて帆走、翼裏の黒点3点セットもはっきりと見えた。

小野川堤防の落葉樹に、カシラダカとカワラヒワを観察。
カワラヒワは幾分大きめの大カワラヒワだ(写真-2)。

110116_オオカワラヒワ

帰途、ルリビタキが出ているとの報告があった場所へ回ったメンバーは、成鳥のルリビタキを視認できた。
出会った鳥種32種は、降雪を考慮すると多いほうだ。

午後のイベントの準備作業終えた帰途、ルリビタキが見られた場所に立ち寄る。
林床近くを往来していた小鳥がやや明るいところに出てきた。
ルリビタキ(♂4W?)だ。
雪の中で枯葉が露出した箇所を選び、忙しく飛び回って餌を漁っている。
雪の白に慣れた目に、青の鮮やかさ映えた。

コムラサキの池では、コガモが日光浴の最中(写真-3)。

110116_コガモ日光浴-1

小野川堤防では、コガモを餌としたらしいオオタカの新しい「調理場」があった。
by 牛久とりの会  at 21:10 |  Nomura |  comment (1)  |   |  page top ↑
Comments

No title

オオカワラヒワ初めてです。
by hatsu 2011/01/21 10:37  URL [ 編集 ]
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:牛久とりの会
「牛久とりの会」は 牛久自然観察の森 の 野鳥ボランティアの会です。

最近の鳥だより
最近のコメント
過去の鳥だより
 
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
管理人へのメール
お名前、メールアドレス等は公開されません (管理人のみへ通知されます)。

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。