新緑

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by 牛久とりの会  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

ホトトギス@牛久自然観察の森

2007/6/6(水)9:30~12:30 牛久自然観察の森
Hototogisu070606.jpg
キビタキ(s)、カルガモ、ホトトギス、キジ(s)、コジュケイ(s)、コゲラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、エナガ、ウグイス、ツバメ、ハシブトガラス、チュウサギ(ビートルズ・トレイル) 以上12+1種
 「つくばと霞ヶ浦にカッコウの声が」との鳥便りを読み、自然の森へ出かけてみました。
 林の中を移動するキビタキの声に誘われ、2時間ほど探しましたが空振。森に居付いてくれると良いですね。
 十字路をカワセミの池に向かい、左側の杉の木の梢にホトトギスを見かけました(写真)。止まっている枝が風でかなり揺れていましたが、元気にさえずっていました。
 ♂が猛禽類に狙われやすい高木の梢をソングポストに選ぶ理由は、何故なのでしょうか?
 1)托卵宿主の巣を見付けたと、♀に知らせている。
 2)さえずることで宿主の攻撃を誘い出し、巣の発見を容易にする。 
 3)托卵時に、♀が宿主から攻撃されるのを防ぐ示威行動。
 4)♀の托卵の成功を単純に喜ぶ勝ち名乗り。
他にも理由がありそうです。
宿主の巣づくりの様子を見張っている♀が何処かに居る筈だと思い、丁寧に探しましたが見つかりませんでした。
by 牛久とりの会  at 22:41 |  Nomura |  comment (0)  |   |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

牛久とりの会

Author:牛久とりの会
「牛久とりの会」は 牛久自然観察の森 の 野鳥ボランティアの会です。

最近の鳥だより
最近のコメント
過去の鳥だより
 
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
管理人へのメール
お名前、メールアドレス等は公開されません (管理人のみへ通知されます)。

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。