新緑

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by 牛久とりの会  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

カケス@牛久自然観察の森

2011/10/16(日)9:00~11:05 牛久自然観察の森(定例探鳥会)

カワウ、チョウゲンボウ、キジバト、カワセミ(♀)、コゲラ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、モズ(♂、♀)、ヤマガラ、シジュウカラ、エナガ、メジロ、スズメ、カケス、ハシボソカラス、ハシブトカラス、(アイガモ) 以上17+1種

夜半の豪雨は上がったが、低層の雲が動く曇り空。
木々の葉には、水滴が残っている。
バッタの原のエゴノ木では、葉陰でヤマガラ数羽が動いていた。

コムラサキの池対岸近くに、カワセミ(♀)。
背羽はきれいなブルー、しかし風切り羽には幼羽を残す個体。
先月の探鳥会で出会ったものらしい。
赤松の林で、チョウゲンボウ1羽が、視野を横切る。

コブナの流れでは、お目当てのキビタキには出会えなかった。
居合わせたカメラマンに聞くと、キビタキ(♀)1羽が時々現れる程度らしい。
その代わり、オオタカの調理場跡があった。
散乱したカケスの羽毛が、前夜の雨に打たれた跡だ。
特徴のある青縞の羽を選び出し、希望者に分けた。

新鮮なドングリを狙ってか、カケスの声が多い。
シジュウカラ、エナガ、メジロの混群。

ビートルズトレイルでは逆光になったが、杉の木にカケス数羽を視認できた。
この時期、カケスの数が多い。

小野川土手と水田との間に、アイガモが20羽ほど寄り合っていた。
牛久市にあるアイガモ農法の水田から逃げ出したのか?
個体のサイズはアヒル程度。
密集していることで外敵を避けているらしい。
珍しい光景だった。
by 牛久とりの会  at 23:00 |  Nomura |  comment (0)  |   |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

牛久とりの会

Author:牛久とりの会
「牛久とりの会」は 牛久自然観察の森 の 野鳥ボランティアの会です。

最近の鳥だより
最近のコメント
過去の鳥だより
 
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
管理人へのメール
お名前、メールアドレス等は公開されません (管理人のみへ通知されます)。

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。