新緑

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by 牛久とりの会  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

カワセミ@洞峰公園

2012/1/8(日)9:00~12:15 赤塚公園~洞峰公園(自主研修探鳥会)

アオサギ、ヒドリガモ、オナガガモ、キジバト、カワセミ、コゲラ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ビンズイ、ヒヨドリ、モズ、ジョウビタキ、シロハラ、ツグミ、ウグイス、エナガ、シジュウカラ、メジロ、アオジ、カワラヒワ、シメ、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、(ドバト)、(バリケン) 以上25+2種

新年を迎え、恒例のつくば市内の市街地公園での探鳥だ。
天気にも恵まれ、総勢11名が赤塚公園駐車場に集まった。
久しぶりの参加者や可愛いお孫さんも交え、和気あいあいとした雰囲気のなか、定刻9時に元気よくスタート。

赤塚公園では木のてっぺん近くの葉陰にシメが見え隠れする。

薄暗い林の中では、地面をビンズイが歩き回る。
時折樹上に飛び上がるが、枝の上でも地面と同じようにスタスタ歩いている様子がなんとなくおもしろい。

公園北側の出口付近ではモズのメスが枝の上から地上に舞い降り、何か獲物を捕らえたようだ。

#.1 モズ tanaka

洞峰公園へ向かう遊歩道では、植え込みからヂッヂッとアオジの地鳴きが聞こえる。
目を凝らしてじっと待っているとようやくその姿を現す。

#2 アオジ tanaka

人影に驚いたのか、茂みからキジバトが次から次へと飛び立つ。
全部で6~7羽はいただろう。
キジバトはつがいでいるところをよく目にするが、この時季には群れで行動しているのだろうか。

洞峰公園に到着すると、池の一角に広がる枯れた葦原に多くのシジュウカラが餌探しに忙しい。

対岸の高木の梢には数羽のツグミが羽を休めている。
まだ地上に降りてくるほど警戒心を解いてはいない様子。

池を見渡すとほとんど水面は氷に覆われている。
なるほどカモ類の数が少ないのにもうなづける。

池の反対側にまわる頃ようやく氷が解け始めた。
人慣れしたオナガガモの群れにヒドリガモガ混じる。

池に架かる橋上から視線を延ばすとカワセミが水面を見つめている。
次の瞬間射られた矢のように淀んだ水面に突き刺さり、あっという間に小魚を捕らえた。

#3 カワセミ Murai

#4 カワセミ tanaka

さすがはキングフィッシャーたる所以。

#5 カワセミ Murai

今冬北からやってくる小鳥類の数が極端に少ないという話をしばしば耳にする。
寒さが増す今後に期待するとしよう。

※ 写真#1, #2, #4はtanakaさん提供です。
by 牛久とりの会  at 21:00 |  Murai |  comment (0)  |   |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

牛久とりの会

Author:牛久とりの会
「牛久とりの会」は 牛久自然観察の森 の 野鳥ボランティアの会です。

最近の鳥だより
最近のコメント
過去の鳥だより
 
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
管理人へのメール
お名前、メールアドレス等は公開されません (管理人のみへ通知されます)。

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。