新緑

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by 牛久とりの会  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

カナダカモメ@銚子~波崎

3月11日(日)9:00~15:00 銚子~波崎(臨時自主探鳥会)晴れ

銚子~波崎
カイツブリ、ハジロカイツブリ、ミミカイツブリ、アカエリカイツブリ、カンムリカイツブリ、ウミウ、ヒメウ、ダイサギ、クロサギ、アオサギ、コクガン、マガモ、カルガモ、コガモ、ヨシガモ、オカヨシガモ、ヒドリガモ、オナガガモ、ハシビロガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、クロガモ、シノリガモ、トビ、チョウゲンボウ、オオバン、ハマシギ、ミユビシギ、ハイイロヒレアシシギ、ユリカモメ、ミツユビカモメ、カモメ、ウミネコ、セグロカモメ、オオセグロカモメ、ワシカモメ、シロカモメ、ホイグリンカモメ、カナダカモメ、モンゴルセグロカモメ、ウミスズメ、キジバト、ヒバリ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、イソヒヨドリ、ツグミ、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス (52種)

その他
カワウ、コサギ、ノスリ、ハイイロチュウヒ、チュウヒ、タヒバリ、ヒヨドリ、モズ、ホオジロ、オオジュリン (10種)

N氏のご厚意により、先週のリベンジ探鳥会。
天気は良いが風が強く、外洋は荒れている模様。
港に避難してくる海鳥に期待。

全体的に数は少ないが、干潮時ということもあり、間近にカモメを観察することができた。
色々教えていただくが、中~大型カモメの特徴がしっかり頭に入っていない上に、交雑種らしき個体も多く、自力での識別は困難。

そこで、今回はカナダカモメにターゲットを絞ってみた。
波に浮かぶカモメの中から見つけるには、首のもやもや模様が一番とのことなのだが、まずそのもやもやがどんなものか、わかるようになるまで一苦労。
イメージは…水彩絵の具の茶灰色で模様を描こうとして失敗して上からべたーっと薄灰色で塗りつぶした感じ。
何とか一羽の成鳥の見分けに成功した。
残りは今後の課題。
せめて典型的なものだけでも識別できるようになりたいものだ。

先週見かけたコクガンのほか、今回はクロサギも姿を現した。

20120311 クロサギb IMG_2295

マリーナ近辺では比較的近くにクロガモの群れがいて、メスを観察できたのが良かった。
海が荒れているせいか、カモ類が港内に数多く入っており、また、ハイイロヒレアシシギなど、シギ類も少し観察できた。

今回のヒットは、ウミスズメ。

20120311 ウミスズメ a IMG_2390

これほど近くで見たのは初めてである。

20120311 ウミスズメ b IMG_2454

潜水を繰り返し披露してくれた。

20120311 ハジロカイツブリ夏羽 IMG_2424

20120311イソヒヨ♂ IMG_2171

最後になりましたが、改めてN氏にお礼申し上げます。
いつものことながら、長時間運転の上、色々教えて下さりありがとうございました。
 
by 牛久とりの会  at 21:00 |  kyara-mama |  comment (0)  |   |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

牛久とりの会

Author:牛久とりの会
「牛久とりの会」は 牛久自然観察の森 の 野鳥ボランティアの会です。

最近の鳥だより
最近のコメント
過去の鳥だより
 
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
管理人へのメール
お名前、メールアドレス等は公開されません (管理人のみへ通知されます)。

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。