新緑

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by 牛久とりの会  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

アビ@銚子

2012/3/25(日)9:30~17:10 銚子・波崎

アビ、ハジロカイツブリ、アカエリカイツブリ、カンムリカイツブリ、ウミウ、ヒメウ、コサギ、クロサギ、アオサギ、コクガン、マガモ、カルガモ、コガモ、ヨシガモ、オカヨシガモ、ヒドリガモ、ハシビロガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、クロガモ、ウミアイサ、トビ、ハヤブサ、オオバン、ハマシギ、イソシギ、ユリカモメ、ミツユビカモメ、カモメ、ウミネコ、セグロカモメ、オオセグロカモメ、ワシカモメ、シロカモメ、ホイグリンカモメ、アイスランドカモメ、カナダカモメ、アメリカセグロカモメ、キジバト、ヒバリ、ハクセキレイ、ヒヨドリ、イソヒヨドリ、ツグミ、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス 以上49種

その他移動中など
カワウ、ダイサギ、チュウヒ、チョウゲンボウ、タゲリ、セグロセキレイ、カワラヒワ 以上7種

出発時は6人。
天気も良く風もそれほどなく探鳥日和と思われましたが、お昼前後にまさかの雷雨にびっくりでした。
でもその天候も、外洋の荒れ具合とともに幸いしたのか、なんとアビが湾内に入っていました。

アビ03s

干潮時で干潟にくるカモメを至近距離で観察しつつ、湾内のカイツブリ類・カモ類などを見ていたときでした。
最初は望遠鏡で見ても小さく何だろうという感じでしたが、だんだん近づいてきて、「アビの仲間かも」との声。
こちらも移動して嘴の形などからアビと判明。

アビ04s

様子を見ていると、こちらを気にすることなく湾の最奥部へとのんびり泳いできます。
そして目の前を悠々と通過していきました。
ちょうど雨がきたところで、薄暗くなったところでの観察でしたが、堪能できました。

アビ10s

(ここでは、コクガンも観察できました。)

コクガン05s

アビの観察中に仲間2名が合流。
こちらはアビに夢中で気がついておらず、横で「何見てるんですか?」と聞かれてこれまたびっくりでした。

アビを堪能した後、雨宿りがてらお昼を食べ、その後は堤防でカモメの観察です。
ここで、またまた仲間2名が合流。総勢10人と久々にこれだけの人数が集まりました。
(カモメの詳細は先日の鳥だより参照でお願いします)

最後に波崎側でウミアイサ・カイツブリ類などを観察し、帰途につきました。

ウミアイサ♀01s

カンムリカイツブリ01s

ハジロカイツブリ02s

アカエリカイツブリ01s

なかなかに充実感のあった探鳥会でした。
by 牛久とりの会  at 23:30 |  tanaka |  comment (0)  |   |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

牛久とりの会

Author:牛久とりの会
「牛久とりの会」は 牛久自然観察の森 の 野鳥ボランティアの会です。

最近の鳥だより
最近のコメント
過去の鳥だより
 
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
管理人へのメール
お名前、メールアドレス等は公開されません (管理人のみへ通知されます)。

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。