新緑

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by 牛久とりの会  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

カイツブリ@千波湖

2013/11/21(木)11:30~14:00 千波湖(水戸市)

アオサギ、コサギ、カイツブリ、ハジロカイツブリ、カンムリカイツブリ、ヒドリガモ(♂、♀)、オナガガモ(♂、♀)、カルガモ(♂、♀)、オオハクチョウ、コブハクチョウ、コクチョウ、カワウ、ハクセキレイ、スズメ+(アヒル=青、茶)、(ドバト) 以上14+3種

所用で水戸市に来た折、快晴に誘われて千波湖畔を散歩した。
お目当てはコクチョウの親子連れを見ることであったが、会えずじまい。
千波湖の湖面中央にいくらか波がある程度の微風。

オナガガモが多く、群れで飛翔と着水を繰り返していた。
ヒドリガモの数は少ない。
岸辺のコサギは逃げ足が早い。

コサギA-N

オオハクチョウとコブハクチョウ、コクチョウは人馴れしている。

湖ではハジロカイツブリの数が多く、次いでカイツブリの順。

ハジロカイツブリD1-N

カイツブリ1-N

カイツブリ混群B-N

数羽のカンムリカイツブリが湖面中央部に浮く。

カンムリカイツブリA-N

しばらく、潜水と浮上の様子を観察し、浮上位置の予測を練習したが難しい。
特にカンムリカイツブリは潜水距離が長く、浮上位置の予測は困難。
カイツブリとハジロカイツブリは、遊泳時は数羽(4~5)サイズの同種群または混群を形成しているが、採食行動は個体で行っていた。

湖畔を半周しただけだったが、茨城県立美術館前庭の紅葉・黄葉も美しく、楽しい時間を過ごせた。
by 牛久とりの会  at 20:50 |  Nomura |  comment (0)  |   |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

牛久とりの会

Author:牛久とりの会
「牛久とりの会」は 牛久自然観察の森 の 野鳥ボランティアの会です。

最近の鳥だより
最近のコメント
過去の鳥だより
 
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
管理人へのメール
お名前、メールアドレス等は公開されません (管理人のみへ通知されます)。

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。