新緑

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by 牛久とりの会  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

カワセミ幼鳥♀@牛久自然観察の森

2007/9/16(日)9:00~11:00 定例探鳥会@牛久自然観察の森
ダイサギ、カルガモ、オオタカ、キジバト、カワセミ、コゲラ、ヒバリ、ツバメ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、モズ、エナガ、メジロ、シジュウカラ、スズメ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、(ドバト) 以上17+1種
 風が強めだが、ひょっとすると猛禽類の渡りが見れるかも知れないとの高橋会長の予想どおり、バッタの原でオオタカの滑空に出会った。一同、1~2分間ほど双眼鏡で追うことが出来た。更に、6羽のカルガモが群隊形で上空を通過した。
 コムラサキの池で、カワセミが居た。コブナの流れ周辺の樹間で、カラ混群の声を聞く。

070916Kawasemi.jpg
 
コブナの流れの池では、2羽のカワセミと出会う。雌雄がはっきりしないが、良く見ると下嘴の付け根付近だけに赤みが見える個体(写真1:by Tanaka)がいた。♀の幼鳥では?との意見が多かった。幼鳥から成鳥に成熟する過程で、下嘴全体に赤みが拡大するものと考えた。7月の定例会でもこの池でカワセミに出合ったが、その個体よりも腹部の黒味が減じ、オレンジ色が増していた。

070916Mozu.jpg

 ビートル・トレイルに出ると、ダイサギとモズ(♂)(写真2)に出合った。
取手市では、今年も昨年と同じ9月2日にモズの高鳴きを聞いたとのこと。今日の探鳥会でも高鳴きを聞いたメンバーが居た。真夏を思わせる暑さの中でも、季節は確実に移行しているようだ。
by 牛久とりの会  at 22:40 |  Nomura |  comment (0)  |   |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

牛久とりの会

Author:牛久とりの会
「牛久とりの会」は 牛久自然観察の森 の 野鳥ボランティアの会です。

最近の鳥だより
最近のコメント
過去の鳥だより
 
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
管理人へのメール
お名前、メールアドレス等は公開されません (管理人のみへ通知されます)。

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。